51dds7gan l

短歌が入口で、宇宙が出口。 俵万智、穂村弘、東直子と続く革新短歌の宇宙を、 哲学的な輝きで新たに飲み込む。 〈体積がこの世と等しいものが神〉夢の中の本の... 続き

コメント

その他のコメント

読者

A12a5249 b612 4153 9316 2db5f8c3836179887820 f565 4157 afbd 20a48b6202a7F4089288 4d4f 4f51 9b08 f6fd2d35966c77404981 fc50 4a53 a1a2 da9d0bba47464e1c3589 2eb0 464c bd94 6d3a5133c1cc6ce246ea 6801 44c3 bc07 1153d7dd2568Icon user placeholder 7人

文学

宝島

宝島

1525b978 75b4 4758 ae92 afa4d5728ad4

ノノハル

my本棚の前で立ち読みしてしまい…

戦争はそんな昔のことではない。 沖縄返還は、つい何年か前の事だ。私の生きている歴史の中にもそれはあるのだから。 沖縄での彼らの生活は嘆きと混乱に満ちているが、掛け合う言葉は暖かくテンポよく走っている。 沖縄の戦後を、3人いや4人の若者達の青春と共に駆け抜けた気がする。そこには、沖縄の魂があった。 オンちゃん=英雄の消えた謎を何十年もかけて追う三人。 語り部が、言葉が全て沖縄の言葉であった。漢字の横に振ってあるルビが、私も沖縄の人間の仲間に入れてくれた。 この島の魂はなんと深いものか!! 厚い本だがページ数は、気にならない。

約5時間前