5127ejnkbtl

引退を望む知恵の神、久延毘古命。彼を連れて良彦がやって来たのは家電量販店!? 一方四国では狸に化かされ、八幡大神からは『顔』の催促。梟に蛙に狸に鳩に猿…そ... 続き

コメント

シリーズ8作目

今回は知恵の神である案山子、狸、八幡大神の話
出てくるキャラクターが梟に蛙に狸に鳩に猿と動物だらけ
神様って人間の姿形をしているような気がしてたけど 確かに動物の神様がいても全然おかしくないんだよね
御用人への依頼は人型だろうと動物型だろうと大変さに代わりはないけど

その他のコメント

神様にも色々な事情があるようです。
良彦は、神様のぶっきら棒な願いから、本当の願いを拾い上げる、流石御用人。本人は、天然ですけれど。
今回は、基本に戻ってる気がしました。それはそれで嬉しくて、それはそれで物足りなかったりしましたが。オマケがあったので、良しです!
モフモフの黄金様もあいからわず甘党でしたし。
幸太郎さんも鈍いのかスルドイのか。。。
悲しく寂しい憂いのある神様が、元気になっていくのはウルウルしてきます。この、ほのかなしんみり感が好きです。
このシリーズのせいで、近所の神社でも親しく話しかけてしまうようになって。。。タメ口でお願い事するなんて、本当に申し訳ないです。

読者

427c6b74 d757 4a90 b196 eb453196302bD1f344e2 7b3f 4362 b3d2 9fc23eeec0c1E5560b76 4db6 4a39 977e cfee57e969e01525b978 75b4 4758 ae92 afa4d5728ad4 4人

浅葉なつの本

神様の御用人7

神様の御用人7

1525b978 75b4 4758 ae92 afa4d5728ad4

ノノハル

my本棚の前で立ち読みしてしまい…

今回は、なんとも如何ともしがたい話でした。有名な三柱の悲しいお話。御用人さんも自覚がでてきたみたいです。ああもう1度古事記解説本を読み直し、長い神様の呪文のような名前を整理しようと思います。毎回。笑 この本のおかげで神様のパーソナリティが個性的なので覚え易くなりました。 相関図は良いですね。神様は男神、女神に関わらず子供の神様がいるので。。。 わかりやすかったです。 愉快な黄金との会話が少なかった事は寂しかったですが、しかたないですね。 黄金の秘密が次の巻であかされるのでしょうか

約2年前

Be95840f 5606 4072 a020 b33d213213c9Deb7f72f b8fd 4142 8c4f 64e568f2bfbd