41 2lz5uzpl

なぜ会社を作ったのか、なぜこんなにもむちゃくちゃな経営をしたのか、そして、なぜ破綻させなくてはならなかったのか。 続き

コメント

読んでいて、とても心が痛む。皮剥の苦痛だ。

とはいえ、「成功者」が自身の体験をもとにした、再現性があるかどうかわからない成功法をドヤ顔で語られるよりも得られるものは大きいと思う。

「こうすれば成功する」のは勘違い含みなのに対して、「こうすると失敗する」は相対的に確度が高い。

家入一真さんの『我が逃走』に「居場所」というキーワードが本書にも登場したのが興味深い。

読者

14721248 300e 4250 8018 eecc0a8186ed72683f41 6d7d 44ea a18f 5b1dac3d9663

新刊

歪んだ波紋

歪んだ波紋

Eb55cb01 7a1e 4d08 af64 451a7415e66a

(ㆀ˘・з・˘)

(c" ತ,_ತ)

短編集ではあるが、全ての話の登場人物が大手新聞社に繋がっており、新聞記者、また元新聞記者達が騙し騙され操り操られ、既存メディアと新しく出てきたネットメディアの喧嘩が心躍らせる。 新聞がネットニュースに殴られたかと思うと、次の話ではネットニュースが元新聞記者に殴られる。 最後の短編において、ラスト「記者は現場やで」の言葉に目を覚ました主人公の行く末も読みたいと思わされた。

約5時間前

Fafd6f3d 78f3 4fdc 93d0 c073cc2ad00a9bd1b2c1 e7a2 4379 ad5a 7a12d0da13ed