51c8g50v3tl

まるで拾った宝くじが当たったように不運な一日は、一本の電話ではじまった。私立探偵沢崎の事務所に電話をしてきた依頼人は、面会場所に目白の自宅を指定していた。... 続き

コメント

沢崎シリーズの2冊目。なんでもない描写がいちいち格好つけていて、しかも格好いいです。
ハードボイルドなのに、最後には名探偵のような推理力で事件解決までしてしまう辺りは、多少好みが分かれるかもしれません。

読者

4ecb002b fa43 4e8f bc84 b0b84323bfb8Icon user placeholder08634c99 3a43 40c1 9ad5 6ba772150f2cE8b2865c 78e4 492b 9967 712bb4cb6e1bIcon user placeholderIcon user placeholder4937cc5c 10b9 4531 890c 83e7a6b357ebC08de3a6 6fc1 48da 9815 7d7fc5b89b66 11人

原りょうの本

そして夜は甦る (ハヤカワ文庫 JA (501))

そして夜は甦る (ハヤカワ文庫 JA (501))

08634c99 3a43 40c1 9ad5 6ba772150f2c

Toru Omae

欧米ミステリを中心に読んでいます…

けっこうと評価された国産ハードボイルドだけどなぜか縁がなくて。最近久しぶりに新作出されて話題になっていたのでまずデビュー作から読んでみようということで。チャンドラーにハマって自分もミステリを書いたということだけど確かにプロットがちゃんとしたチャンドラーといった趣(笑) なんとなく昔の清水俊二さんが訳していたころのマーロウものを彷彿とさせられた。今さらあらすじでもないだろうから書かないけど...政治やら大金持ち一族なんかがからんできて筋書きがこみいってしまいラストがバタバタした感じはあるもののかなり面白いシリーズと分かった。二作目以降も読んでみようと思います。

12か月前

4ecb002b fa43 4e8f bc84 b0b84323bfb8E8b2865c 78e4 492b 9967 712bb4cb6e1bIcon user placeholder