41zfm6gfzxl

私は、彼の何を知っているというのか?彼は私に何を求めていたのだろう?大学教授・村川融をめぐる、女、男、妻、息子、娘-それぞれに闇をかかえた「私」は、何かを... 続き

コメント

その他のコメント

三浦しをんさんは比喩が好きなのですが、その中でもこのお話のは一番かもしれない。森に火を放つ比喩とか本当にどうやって考えているんでしょうね……

読者

1c941dd0 411d 4491 9973 c7fee83669a30906b403 a7cf 4775 bdd5 8082f181150aDdf01909 15e6 4b9a 97a7 21e23fc58f1e1c192d6e 61c6 42de 9918 6738857c92ea9ac54dde 25f2 487c b9f5 9a57755f34fe3221c9d3 635b 4ff4 b7d7 38140ce9362eB8c2e030 0301 4465 b70f 9864d0ec553866b38508 5a46 4f97 a0fb 87ff00c4b34a 18人

三浦しをんの本

舟を編む

舟を編む

6ecd17a4 411f 4245 a2ca d3fe8fd7dffd

Naoko Takebe

人から本をオススメしてもらうのが…

いい話だった。 一生懸命打ち込めるものがある幸せ、それを理解してくれる仲間がいる幸せを感じた。

7か月前

5ed9d885 1800 4df1 bd38 72be7f43f53b5718c3dd 08ae 43f6 b5d5 e0a22349b4759fde2a6a 8a53 4f9c 8fde e784479228c5 342
ののはな通信

ののはな通信

Picture

渡辺洋介

神田村経由専門書版元

物語は山手の女子高に通う二人による昭和59年より平成23年までの手紙のやり取りのみにて進行する。10代の過剰なまでの情熱と40代に入ってからの諦念というべき静かな感情の穏やかさに過ぎた歳月を思う。 「高校生のころ、あなたが学校を休んで連絡がとれなかったとき、私は半狂乱で手紙を送りまくり、家へ電話をかけまくったでしょ?あのときは夢のなかでもあなたの姿を探して涙を流していた。  けれど、いまとなってはもう、風のように吹く時の速さに押し流されるまま、淡々と日常を営み、ある種の諦観とともに、あなたからの連絡をひたすら待っているだけ、私の精神は鈍磨したのだ。中途半端に」P.386 「どこかで自分に愛想を尽かし諦めて折り合っていかなければ中年になるまで生きのびることなんてできないわよね」P.414 日劇もとっくに無くなってしまった。

9か月前

B4b02055 014a 40a7 9950 b5e0475332b14225c5c8 10f3 48ed bf29 51aa6fcaa35a88d17d70 a258 40e6 997d 1b31306c254f 67