41sgs9catvl

あっという間にアカの他人。でも実はまだ切れていない、「彼」と私の仲。それぞれの「私」は闇を抱える、「彼」の影を引きずりながら。男女の営みのグロテスクな心理... 続き

コメント

とても素敵なタイトルに惹かれ思わず読んでしまいました、が、チョット残念な読後感です。私は初めてこの作者を読みましたが、ちょっと(私個人の好みですが)残念でした。

中心人物である(しかし主人公にした短編は無い)何故かモテる中年の『教授』の周りの人々(弟子、『教授』の浮気相手の夫、『教授』の息子、『教授』の実の娘の彼氏、など)をそれぞれ主人公にして(何故オトコの一人称を使うのか?私には最後までワカラナイですし、狙いの効果が薄い)の連作短編小説です。が、どうしても私には馴染めなかったです。

読ませる技術はありますが、どうしても「読まされている感」が最後まで取れなかったです。作者が隣で「どう、びっくりしてくれた?どう、この展開、気が付かなかったでしょ、私オトコの考えが結構リアルに理解できてるのよ。」と言われてる感がしてしまうのです。上手いけれど、上手いといってもらう為の作為が透けて見えると興ざめですし、キメの文章が各章にそれとなくあるのですが、「このキメのために持ってきてます、この流れ」が読めてしまうのが悲しかったです。

本多 孝好さんの「MISSING」が好きな方にはオススメ致しますが。私はこの本多さんの「MISSING」が上手い、上手いけれど作為的過ぎて興ざめ、カンドー(感動ではない感動する事を待っている人の、押し付けの感動モノに感動できる事を私は『カンドー』と呼んでいます)モノの代表と考えています。したくなくてもしてしまうから感動、感動したくてするのがカンドーです。でも決して悪い事だと言っているのでは無いつもりですが。

しかし、タイトルは良い!でも何故このタイトルなのか不明。

2007年 9月

一人の大学教授の周りにいる人たちが語る、「彼」と自分。

そして肝心の「彼」については、ぼんやりしていて、たくさんの人と関係をもっていたということぐらいしかわからない。
けれどもその周りにいた人たちの心情は、読み手側にじっとりとした感覚で伝わってくる。
登場人物全員、誰一人幸せではないところが、やけにリアルに感じる。
2017.3.10読了。

読者

865cffbd 731a 4678 951e b461b4405005B0a667f6 1b79 43a9 8ca8 a6872aa208a59d62825c 1436 4b41 918f 3b5e6affb18579bbae40 97d3 4bd1 bf5a d49a923985645dbe0e4b bc3f 440a b73e c5fedd4f340f99abbfdc dfa5 41ca a884 4f31448fd6036cb5df69 ceea 4233 aaae 413922b5218c6efad6cb 86c5 4b1e 8745 172c90f58376 8人

三浦しをんの本

人生激場

人生激場

0023de40 54f1 41ba ba84 80dbfed96b7c

小説/デザイン/美術書など コメ…

2018/08/03読了 サッカーの話題懐かしい。そういえばそんな選手もいたなあ。当時はあまり関心がなかったけど、イケメン目的で当時のを観たい。 新幹線の隣の人が気になるのもわかる! 一番気になるのは最後の中国人水墨画家。 少年の絵も描いているのかなあ。 あとイラストが、妖怪アパートシリーズ(YA!版)のイラストも描いている佐藤三千彦さんということを知った…! 絵が似ていると思ったんだよ…! 覚えました…!

約2か月前

B0a667f6 1b79 43a9 8ca8 a6872aa208a539ab553c c44b 4182 85e3 20c9abed19e0252fdc4b f5b3 486d 860e e8c81b95575c