51c2vvw hnl

難病の女の子のため、星座を一つ消して見せる男の子を描く表題作ほか、ラストに残酷なまでに衝撃的などんでん返しが待つ傑作短編集! 続き

コメント

非常に評価に困る本だ。
ファンタジーとして捉えると世界観が浅く物足りない。ミステリーとするには、ファンタスティックな要素が多く、怖さを感じない。純文学とも違う。大人を対象とした恋愛ものでもない。

そのような、中途半端なストーリーを最後の数行で、独自の世界観に着地させる短編集。好き嫌いが分かれるかな?

最後のどんでん返しでいちいち心をえぐられる5つのショートストーリー

好き嫌いが分かれるのかも。
私はあまり好きではなかったです。
個人的には、中途半端だから余計凶悪さが際立つような感じだと思いました。
小・中学生が興味本位で動物を虐めたとかいうニュースを見たときの、あの感じのような。

後味悪い話も好きだけれど、それならとことん振り切って欲しかったかな。

何という「悪意」満載な結末… しみる…

短編集。どれも裏切られた。楽しい。

タイトルと絵に惹かれて買ってみた。
恋煩いを読んで怖くて他の短編もこのテイストなのかと思ったら最初のだけだった。
妖精の学校は分からずググった。
終の童話も最後が分からずググった…。想像力がない…。
嘘つき紳士と表題作は後味悪い。

読者

C7f8a651 422d 47d7 8d7b 09d0515142a2Ee0f4619 0f4b 4035 96aa 44537c5295d55cc7980a 4cef 4104 80ca 8c4ee643fcc22e2ba7cf aea0 408d aa3e 8b4cf0078841Cdeb69a0 8550 445f bcea 85badbbe97783a97a33c ff3d 489a 9fbd 2defd2593324Ad9cce0f 7d05 4a59 961c bf7d1854fee1Aba3704d c280 41c9 84da 0ac22748e82f 20人

北山猛邦の本

『瑠璃城』殺人事件

『瑠璃城』殺人事件

2aa168be e4d4 4a6d b855 9ff8a0c90ab7

Reki

宇宙を!地球を!幸せを創る装置一…

本作は北山先生が「SF」[ロマンス][歴史][推理]その4つのキーワードをフィーリング ラッキーした産物かな?

2年前