61tqihy1nll

パーティ会場でぽつんとしていた私に不思議な目の少女が声をかける。「私と踊って」。彼女は私の手を引いて、駆け出した。稀代の舞踊家、ピナ・バウシュをモチーフに... 続き

コメント

19の短編集。
表題作『私と踊って』が良かった。
19編のお話、私は図書館で借りたので1編だけ未読。さあ、いつ読めるかな。

読者

F952a44d 5dab 46b7 9e98 b3860b547b44

恩田陸の本

八月は冷たい城

八月は冷たい城

A2d0b282 e632 4433 97af bdf521d93f3e

らいこ

ファンタジーとハッピーエンドが大…

『七月に流れる花』の続編に位置付けられるお話。 『七月に〜』でお城自体の秘密が明かされた後の、「みどりおとこ」の秘密の話。

2か月前

920b0282 2ef3 4ce4 94aa f963c9b6650eIcon user placeholderIcon user placeholder 8
七月に流れる花

七月に流れる花

A2d0b282 e632 4433 97af bdf521d93f3e

らいこ

ファンタジーとハッピーエンドが大…

隠されていた謎は、寂しくて悲しいものでした。 かくしていたものは、優しい優しい嘘でした。 しっとりとした物語。 真夏の日差しの中で読み返したいな。

2か月前

920b0282 2ef3 4ce4 94aa f963c9b6650eIcon user placeholder9534efea 5f58 4a6a 8c81 a144fedb6827 8