Icon stand

ストアでダウンロード

Btn appstore Btn googleplay
51qu bxhs7l

髪ゴムが起こした奇跡と呪いとは? 世界で最も遠い十五歩とは? 半径5メートルで起こる出来事を無駄に膨らませる抱腹絶倒のエッセイ。 続き

コメント

なんだか、とっても久しぶりに心安らかに、ただただ笑えるエッセイに出会った気がします。予言者との出会い、奇跡の恋などなど、短編小説のような妄想ワールドもあり、優しくて熱い北大路さんの語り口に乗せられてスイスイ読めちゃいます。宮下奈都さんのエッセイで、共に講演会をして大ウケしていたという北大路さん。行ってみたい。

家族旅行中、母(61)が
突然取り出してきた本

確かに電車の中では読めないから
箱根の山奥で布団の上で
クスクス笑いながら読むのが
幸せだった☆

母は『北海の盗み見の白熊、敗北す』
私は『見つからない仲間』 がイチオシ!

最高です!

タイトルに惹かれて買ったのですが、タイトル通りすごい破壊力のエッセイです。
紹介文に「小説とエッセイが地続きになっている」とあるのだが、まさにどこまでエッセイでどこまでが脳内世界なのよ!?という感じ。そしてそれがなんとも心地いい。
中でも『お風呂が遠い』には共感しすぎて悶絶しました。
ぬるいエッセイに飽き飽きしてる方にオススメです。

読者

Bb8953ff 4ab9 4767 960f 764e3c93527a3880908b 3c3f 4c07 ab15 4efd38d6c5a8B0d71fe1 59fb 4540 9b5f 9b77bc8cc06e28f8fd3d 3a86 4fec 944a 857375ba8bfe014253d4 6080 4951 9119 24735184a696F7a34118 bf8f 4ec5 b203 771c604ed64dE8727533 d28b 4d64 a5f4 724edc2a6f3c35febbaf 965e 4a53 8879 a37b3862c0e4 11人

北大路公子の本