51yqdqhwmjl

一人目は恐るべき正確さで世界の未来図を洞窟の壁に刻んだクロマニョン人。二人目は大戦中、収容所で絶命したユダヤ人。いずれも理想の女性を胸に描きつつ34年で終... 続き

コメント

主人公は二代の前世の記憶を持ちながら、現代で一人の女性を想いながら暮らしているサラリーマン…というとSF小説のよう。
なぜこの三代の時代背景なのか、もう一人の登場人物の回想から少しずつ解明していく。
ですが、恋愛小説です。
最後まで読んだ後、最初の項を読み直すとスーッとします。

物語の進め方が時代を多く往き来するので斬新であった。私の恋人というタイトルもいい。深くて不思議だ。

うまく内容を掴めなかったので、また読み直したい。

読者

D4f58d88 cacc 444e 98ed e78a0362b8f0Icon user placeholderAc8d108e 5079 478a aed5 65d512786199568df437 3f78 4b41 b3cc 741955579aea9d62825c 1436 4b41 918f 3b5e6affb185B7c07a55 361d 4690 b7f4 b95d617328d5 6人

上田岳弘の本

塔と重力

塔と重力

F42c9bc6 3205 4a7f a4d0 18cd6f5ef935

toqumaru

・共感を拒むための言葉 ・今もまだ起こっている悲劇は、世界の完成のために足りていないパーツなのだ。

10か月前

D58a0b0d e5d7 4b5f 843e 2595413885913bebc3fc c2d2 4600 a1cc 673138e81bf91f15d1e6 c2b7 468f 8926 d4c38e58984c 9
GRANTA JAPAN with 早稲田文学 03

GRANTA JAPAN with 早稲田文学 03

E4d8f046 7597 4680 afbc 9a933d5c43f4

avocado901

読むのは主に翻訳小説だけど、本棚…

「若手作家ベスト11」の中から一編。村田沙耶香『素敵な素材』〜人は死んだら物質になってしまう。だから、温かい生物でいられる時間が愛おしい。本当にそうだろうか?死を忌まわしく思いすぎると、生まで軽んじることになりはしないか?そんなことを考えました。

2年前

私の恋人

私の恋人

Maman putain6 normal

阿久津隆

初台で本を読む人のための店をやっ…

読み終わり。この人ほんとうにとんでもないな。至ってシンプルなタイトルだけど、読後に見返すとタイトルだけで頭こんがらがってくるしなんか炸裂するというかなんか破裂する。

3年前

4b8d60b3 e1d9 4069 9dbe 101fd0967061Eb552d48 dd94 4640 ab00 366b6d191d66D517a95e e99d 40db 80dc 7a4112adfcb8 27
太陽・惑星

太陽・惑星

Maman putain6 normal

阿久津隆

初台で本を読む人のための店をやっ…

読み終わり。なんか人類がどうのこうのみたいな2篇。僕はいいぞというページを折りながら本を読むのだけど、ずっと面白すぎて一度もページ折らずに読みきってしまうことがたまにあり、これもそれだった。とんでもなかった。『私の恋人』も早く読みたい。現れてくれて大変うれしい。

3年前

0023de40 54f1 41ba ba84 80dbfed96b7cF42c9bc6 3205 4a7f a4d0 18cd6f5ef9357cf89040 903d 4577 9f5d 18ed1a8c7fa5