51yqdqhwmjl

発行元から

一人目は恐るべき正確さで世界の未来図を洞窟の壁に刻んだクロマニョン人。二人目は大戦中、収容所で絶命したユダヤ人。いずれも理想の女性を胸に描きつつ34年で終えた生を引き継いで、平成日本を生きる三人目の私、井上由祐は35歳を過ぎた今、美貌のキャロライン・ホプキンスに出会う。この女が愛おしい私の恋人なのだろうか。10万年の時空を超えて動き出す空前の恋物語。三島賞受賞作。

上田岳弘の本

ニムロッド

ニムロッド

F278bd7d d688 4054 8301 14d6a8fe87d8

euro

大好き!読むべき!というコメを見…

★4 仮想通貨のサイドストーリー、という印象。やや退廃的かつ内向的な作風で好みが分かれそうだ。 主人公は運用SEという、SEの中でもあまり話題にはならないが縁の下の力持ち的な仕事をしている。主体性がなくとも堅実な「枯れた」人物像が浮かぶ。ビットコインについて少し知れて良かったし、駄目な飛行機たちの小話が面白かった。それにしても仮想通貨というと欲望渦巻くイメージだが本作はそんなことは全く無かった。むしろなぜこんな対極の雰囲気になるのか不思議だ。壮大なテーマを、さもひとつの哲学でしかないように、綺麗にストーリーにはめ込んでいると思う。仮想通貨に惹かれて初めて芥川賞の作品を読んだが、なかなか興味深かった。純文学を読んでみたいとずっと思っていたので読めて嬉しい。

11か月前

7d574782 709d 4e7e 877c 5b99bcb2cbd49b92c5df 953f 473f be92 1f218474893d0ff7a984 5d2a 4b67 85f6 fb173d574bb8 82
塔と重力

塔と重力

F42c9bc6 3205 4a7f a4d0 18cd6f5ef935

toqumaru

・共感を拒むための言葉 ・今もまだ起こっている悲劇は、世界の完成のために足りていないパーツなのだ。

約2年前

D58a0b0d e5d7 4b5f 843e 25954138859126d6d996 bc9a 4c44 b38d 5a85a6a7d57e1f15d1e6 c2b7 468f 8926 d4c38e58984c 9
GRANTA JAPAN with 早稲田文学 03

GRANTA JAPAN with 早稲田文学 03

E4d8f046 7597 4680 afbc 9a933d5c43f4

avocado901

読むのは主に翻訳小説だけど、本棚…

「若手作家ベスト11」の中から一編。村田沙耶香『素敵な素材』〜人は死んだら物質になってしまう。だから、温かい生物でいられる時間が愛おしい。本当にそうだろうか?死を忌まわしく思いすぎると、生まで軽んじることになりはしないか?そんなことを考えました。

3年前

私の恋人

私の恋人

Maman putain6 normal

阿久津隆

初台で本を読む人のための店をやっ…

読み終わり。この人ほんとうにとんでもないな。至ってシンプルなタイトルだけど、読後に見返すとタイトルだけで頭こんがらがってくるしなんか炸裂するというかなんか破裂する。

4年前

Icon user placeholder677b77aa 303b 48de b84f edfc5840fbd6A7b32b35 7dce 4914 8f24 baf42bf70d6e 34