4126efwlgol

優雅だが、どこかうらぶれた男、一見、おとなしそうな若い女、アパートの押入れから漂う、罪の異臭。家族の愛とはなにか、超えてはならない、人と獣の境はどこにある... 続き

コメント

何度か読んだのにラストを忘れてまた読みたくなる。

なぜ忘れてしまうのか考えたけど、わからないのでやっぱり読むしかない。

ふたりは離れて生きていけるのか。
絆なんて言葉では安易なふたりの関係。

残念ながら私の好みとは合いませんでした
でも、サクサク読めました

父であり恋人でもある。こんな愛が少し羨ましい気持ちになった。


血の繋がっていないものを愛する不安定さと危うさと儚さと空虚さと、

反対に血の繋がりは絶対的なもの、

愛する人との子供とは血が繋がっても、
愛する人とは決して血を繋ぐことができないアイロニー、悲しさ、
子供だけが血の人形として、繋がりを表出させる、

恋人であり、娘であり、母である、

読者

Icon user placeholderIcon user placeholder5e6a7c73 6b65 4d42 b07b a73eb7fc2f41971a7c0c f8e6 4512 a2f2 c8e436bd2675002afacd 03e0 43cb b351 f3a04e318b7114721248 300e 4250 8018 eecc0a8186ed1ff469e5 e07e 4a1e 93b1 ff88382adc5f151a20ec 11c6 4572 b74d 1715202fc241 22人

桜庭一樹の本

ほんとうの花を見せにきた

ほんとうの花を見せにきた

B28d8472 e447 4a77 ba3d b9897eb56eca

あなご

教育と心理の仕事。1987生

感動。桜庭一樹は思春期の葛藤描くのが圧倒的にうまい。そして今回はファンタジー!桜庭一樹は他の作家とは作品の毛色が全く違う。読んで桜庭一樹だとすぐわかる。ぐいっと心臓を鷲掴みされるような詩的な言葉。言葉の繰り返しはメロディーのよう。愛しくてたまらない人物たち。器用じゃ無いんだ、誰も彼も。生きていればいい、っていうメッセージが強く残る作品だった。

8か月前

Ffe82d8f 2913 48e3 bfea 44de475c2b90A4ee550e 3e8b 4dad a2db a25c62be186f97764712 d8d5 4d81 8b06 0d54cb049277 9
青年のための読書クラブ

青年のための読書クラブ

B28d8472 e447 4a77 ba3d b9897eb56eca

あなご

教育と心理の仕事。1987生

女子校×文学好きなら郷愁に襲われながらワクワクと楽しめる一冊。桜庭一樹は底知れぬほど本を読んでる作家だなあ。本と本を愛する読者への愛が感じられる。不覚にも最後のババア集合シーンに涙が…

10か月前

57eabb89 2d80 46e0 bff4 461f4232e787Akiaivjyeuyp25rambwaIcon user placeholder
江戸川乱歩傑作選 獣

江戸川乱歩傑作選 獣

200cef13 563f 4e85 b40c 9d1c0035d8a0

マシロ

積ん読が其処彼処に小山を築いてい…

乱歩の推理小説たちと随筆ふたつ。日常から少し逸れただけの非日常の描写が面白い。パノラマ島は久々に読んだけど長い……。

12か月前