Btn appstore Btn googleplay
41zroikdiul

落ちぶれた貴族のように、惨めでどこか優雅な男・淳悟は、腐野花の養父。孤児となった十歳の花を、若い淳悟が引き取り、親子となった。そして、物語は、アルバムを逆... 続き

コメント

今読んでる途中です。

その他のコメント

映画も話題になりましたが原作が好き。

読者

Default profile normalIcon user placeholderD25f072a 912b 48af b103 ba3f4840968dIcon user placeholderIcon user placeholderIcon user placeholderE9f19941 aa8b 4782 82b1 0df464084d5e56e2ca92 cfba 47d9 8c11 413b37ff5aa8 76人

桜庭一樹の本

じごくゆきっ

じごくゆきっ

00a20a97 3d99 4e03 bc71 2639f8f8bd10

ほんのむし

2020年103冊目。読み終わって裏側眺めててびっくり。砂糖菓子の弾丸は撃ち抜けないのスピンオフ〜って。ちっとも気がつかなかったけど、言われてみればたしかに、「〜というのはまた別の話。」っていうフレーズが同じだった。ただ、スピンオフっていうより、同じ世界観の全く別の話ってかんじでした。0627

約1か月前

少女には向かない職業

少女には向かない職業

7e6837c6 05cb 42f5 a06d 09e119c8c01c

いほり

たまに読む程度の人

作者が女性だからか、若い二人の少女の心情描写が丁寧。同性ならきっと惹き込まれると思う。 桜庭一樹お得意の暗くて陰鬱な話。 この独特な暗い雰囲気はクセになる。 最後のタイトル回収が秀逸。 最後の最後で、あー、彼女には向いてなかったのね、って思わせるラスト。 もう一人の彼女には向いていたのにね。

12か月前

8so09 1g normal78c6a70a df69 4358 b413 6567a1e76cceIcon user placeholder