51m4sjs8b2l

四〇年の長きに亘り、たった一人の編集者の手で刊行され続けた雑誌『酒』。「酒は暇潰しに飲むもの」と綴った吉田健一から「酒豪番付で横綱の栄誉に輝き、大満足」し... 続き

コメント

錚々たるメンバーが、お酒について語るエッセイ

どんな時代に、誰と一緒に、何を想いながら
お酒を飲んでいたのか
ちらっと垣間見れたようで嬉しく思う
ついついこっちのお酒も進む

幸田文の「おさけ、おのみになります?」がお気に入り

読者

978030b8 5d27 45ce a8ec ef18a8f163c28817d9d2 f670 4857 8844 aad4222e18fe

文学

あひる

あひる

55726567 d82a 4e2a 8834 03827f5e7724

m a chi *

本読むのすきです(◍´ᴗ`◍)専…

いろいろと意味を考えながら読むが、私にはわからないのか、そもそもそんなに深い意味はないのか、うーんもっと気楽に恐怖感?とやらを味わえばいいのか。 「おばあちゃんの家」と「森の兄妹」は連動してる...よね?

約4時間前

Ef71581d c2e3 4baf 998b 784e421d7a7bEf37a3b0 df68 4698 9ce2 18987b2fa1f5D16a2047 37fc 4190 9b34 2645789c7556 8
作家刑事毒島

作家刑事毒島

Akiaivjyeuyp25rambwa

アルテシマ

本と本棚好き。

うーん、痛快でもあり、不快でもある笑 評判良さげですが個人的にはちょっとクドいかな。あまりにもパターン化してる。

1日前

星のタクシー―車のいろは空のいろ

星のタクシー―車のいろは空のいろ

0023de40 54f1 41ba ba84 80dbfed96b7c

小説/デザイン/美術書など コメ…

0130 2019/08/15読了 大好きなシリーズ。 基本は子供や動物との微笑ましい話なんだけど、たまにある大人のホラーというか、不思議な話がすき。 しらないどうしは微笑ましくもあり怖くもあり切ない話。 ほたるのゆめは絵的には美しいけど、怖かったなあ。帰ってきてよかった。

3日前