51m4sjs8b2l

四〇年の長きに亘り、たった一人の編集者の手で刊行され続けた雑誌『酒』。「酒は暇潰しに飲むもの」と綴った吉田健一から「酒豪番付で横綱の栄誉に輝き、大満足」し... 続き

コメント

錚々たるメンバーが、お酒について語るエッセイ

どんな時代に、誰と一緒に、何を想いながら
お酒を飲んでいたのか
ちらっと垣間見れたようで嬉しく思う
ついついこっちのお酒も進む

幸田文の「おさけ、おのみになります?」がお気に入り

読者

978030b8 5d27 45ce a8ec ef18a8f163c28817d9d2 f670 4857 8844 aad4222e18fe

文学

国家と教養

国家と教養

721ff227 6404 486e a136 194741a375b4

付喪神

基本、何でも読みます

2019/12/03 読了 途中に面白い一言を織り込みながらも畳み込むように書かれていて、テンポよく読めた。確かに、政治家を選ぶ我々に教養がなければ、よい政治が行われるわけもなく。 さて、我が読書や体験は果たして教養となっているのか?

3日前

Icon user placeholderC84f5fb3 16df 40e2 97b0 c3ec6ed9045c66ff98d0 31a0 41bb b04f 941e232adc10
真犯人

真犯人

760022f4 065f 4f8b 8d38 bea5677076d7

ゆきみ

SLAVE,RKF 所属 &

そもそもの発端にスッキリしない。 謎解きをしたくて捻り出した感。 ドラマ化もされたけど、役者の無駄遣いって感じたわ。

4日前

長屋狂言 濱次お役者双六

長屋狂言 濱次お役者双六

760022f4 065f 4f8b 8d38 bea5677076d7

ゆきみ

SLAVE,RKF 所属 &

シリーズ途中の感じがして、なかなか入り込めなかったけど、文庫一冊目らしい←もち、検索して続刊予約した。 歌舞伎を取り巻く人々の話 (*´∀`)♪ 競い合いの踊りが梅の精と知って 美内すずえ『ガラスの仮面』紅天女 更に、 山岸凉子『アラベスク』ノンナ&ラーラ を連想…。

4日前