41l3kzxjfel

元夫によって愛する娘を目の前で亡くした私は、心身のバランスを崩していた。ある日の散歩中、私は助けを求める小さな声を拾う。私にしか、聞こえない少女の声。これ... 続き

コメント

気持ちが高く盛り上がる単語は見当たらず、全てが凪の湖のようです。
そして水面下で、トロリトロリと動いて行く。ドロリと怖く。ホロリと泣けて。ドキリとする。そんな短編集。
この世界観がたまりません。

8話からなる短編集

幽霊が見えるようになった夫婦、首がないのに生き続ける鶏、酔っ払って記憶をなくすことで未来予知をするカップル、書けなくなった小説家が手に入れた布団、自殺した同級生の顔になる我が子、震災で亡くなった子供の声が聞こえるトランシーバー、元夫によって目の前で愛娘を亡くした母親、天使だった少女
どの話も恐ろしさよりも優しさや愛しさが溢れているような感じです

京都へ向かう電車の中で読んだ。私はこの作家さんの世界観が、文章が好きだ。登場人物は、悲しい出来事があっても悲観的になりすぎず、むしろいつも前向きで、少し非現実的な感じ。気軽に読めるけど、ふいに感動する瞬間もあって、面白いなんて一言で片付けられない。この人の文章で私の読書人生が始まったと言っても過言ではない、そんなすごい人の最新本でした。

読者

Icon user placeholderIcon user placeholderE5ba1bc5 2ebe 418c afed 1fea8a3b42c81525b978 75b4 4758 ae92 afa4d5728ad458a23ffc d346 4f93 b2f2 1608c4cb4a18B4484f2c d460 4346 b947 54893d05fb90427c6b74 d757 4a90 b196 eb453196302b9d62825c 1436 4b41 918f 3b5e6affb185 18人

山白朝子の本

山白朝子短篇集 死者のための音楽

山白朝子短篇集 死者のための音楽

1525b978 75b4 4758 ae92 afa4d5728ad4

ノノハル

my本棚の前で立ち読みしてしまい…

怖いのに愛しい。哀しいのに優しい。そんな短編集です。 恐ろしいしグロテスクだったりする物語が、ガラスの向こう側で進んでいる感じです。なのにガラスの向こう側にも私はいる。そんな気がしました。

5か月前

5cc7980a 4cef 4104 80ca 8c4ee643fcc23d3d8eb2 a6d2 43f3 add6 1d9819f184b1F4949b7b 60e6 4f29 9c83 00aefa5261db
エムブリヲ奇譚

エムブリヲ奇譚

2aa168be e4d4 4a6d b855 9ff8a0c90ab7

Reki

宇宙を!地球を!幸せを創る装置一…

切なーーーーーい!!乙一先生だからしょうがないと分かっていても切ない!!!特に「地獄」あれは男版「SEVEN ROOMS」だよね!!!!

約2年前

22f12ffc cd73 46f4 b484 2de14c579783Icon user placeholder830046cb e879 49aa 9858 e9dfd8b5b082 8
私のサイクロプス

私のサイクロプス

7d9f429e 1f0b 4fe6 b81b b70a0cfa60bf

じゅんた

ひとこと備忘録 ハードカバーが好…

和泉蠟庵の方向音痴は勿論変わることはないが、常に虚心坦懐としている様が、輪と耳彦と絶妙なバランスで3人のやり取りが目に浮かぶほど

約2年前

Icon user placeholderEc4b7cc4 ba60 4749 9312 6b8110ffa4245cc7980a 4cef 4104 80ca 8c4ee643fcc2 8