51kzt4zchyl

【文学/日本文学小説】黒田みつ子、もうすぐ33歳。男性にも家庭にも縁遠く、一人で生きていくことに、なんの抵抗もないと思っている。ただ時々、迷ってしまうこと... 続き

コメント

私と脳内のAとのやりとりにはくすりとなるところや共感できることがたくさん。
綿矢りささんは残念なこじらせ系の女子を書かせたらピカイチだなって思う。

その他のコメント

私の人生って、つまんない?正直に答えてよ、A!──おひとりさま満喫中な32歳独身みつ子と彼女の脳内にいる「A」。この2人のやり取りが面白かったり共感したり。
ある種の恋愛哲学本かもしれない。
語尾にハートマークをつけるような喋り方をすればいい、という「A」のアドバイスはなるほど!と思った。男でも女でも、自分に向けられたハートマークは嬉しい、っていうの。
これから私も語尾にハートマークをつけることを意識しよう(♡)

一人が一番心地いい、と思いつつ、そんな自分に焦っている人にぴったりな作品。

自分で作り上げた脳内人間"A"に励まされたり、諭されたり。ちょっと病的にも思えるけど、とんだ妄想癖、と切り捨てられず、ちょっと感情移入しちゃう可愛さがある主人公。
オレンジジュースはなくても死なないけど、あると嬉しい。水のごとく、私にはこの人が必要!でなく、オレンジジュースのような気持ちでもって他者に臨めたら、きっと楽。2017.2

読者

11a604ac 86d0 4060 a3cc e149b56dcc5fBdda8cb0 e275 4b1a 8897 f91ed8e5e311Icon user placeholder151a20ec 11c6 4572 b74d 1715202fc241C28dd2d6 cc1f 46ca a395 b08507e516590402b13a 8dbe 4ffe a5cc 2ab6b6824a00Icon user placeholderAc547423 9cab 40b9 ae31 b05c9c0f480e 27人

綿矢りさの本

意識のリボン

意識のリボン

427c6b74 d757 4a90 b196 eb453196302b

リトル

小説も漫画も絵本も読みます

8話からなる短編集 物語もあれば哲学的なものっぽいのもある感じ 女性は犯罪被害者になりやすかったり 母親として子供の心配ばかりしたり 「このままならない世界で 手をつなぎ ひたむきに生きている」という帯の言葉に共感

4か月前

D3f10d98 87b1 4c10 8449 416c757048feB2cf85c2 97f9 467b bdfb b68b7df8fecf55726567 d82a 4e2a 8834 03827f5e7724 12
かわいそうだね?

かわいそうだね?

522b2427 7b6f 4545 9fc6 099fc68c2211

Chiiico

本から雑学を

大阪弁で怒り狂うのはすごくスカッとした。亜美ちゃんとさかきちゃんの関係はどこかで見たことある気がするくらいリアル。

5か月前

9de8a6e9 8ead 4e7a 9fd1 811a28cd3db93b1984e7 90a5 4314 9b49 a65600d890feIcon user placeholder 27
ウォーク・イン・クローゼット

ウォーク・イン・クローゼット

B28d8472 e447 4a77 ba3d b9897eb56eca

あなご

教育と心理の仕事。1987生

綿矢りさの作品はいつも可愛い女の子の声で脳内再生される。たとえ男が主人公であっても。綿矢作品は自分とは異なる感覚の人物が多く描かれるけど、でもわかるし、読んでて面白い。綿矢りさは不思議な作家だ。可愛い人だ。

8か月前

F0654e9c 05de 4249 b11e 3f7e97e052230cccb13c 6d45 45e5 b91b ed6147888c18454e4e42 58da 45f3 b6c9 30eff85efb90 15