51zqnoahl0l

200X年、謎の航空機事故が相次ぎ、メーカーの担当者と生き残った自衛隊パイロットは調査のために高空へ飛んだ。高度2万、事故に共通するその空域で彼らが見つけ... 続き

コメント

恋愛描写がたくさん出てくるのですが、もどかしくなる要素たっぷりです笑 宮じい最高。

その他のコメント

『海の底』よりも『空の中』の方が好みかなぁ。
この作品で高知県の方言好きになった。
細かいけれど、表紙のメモリが書いてある部分が好き。

フェイクがかわいくて
宮じいに素敵なことを教えてもらった

読者

0970f3da 8bc1 4a63 b77a adf191cda81a933e980f d1eb 4661 943e ed28672596067c566c23 5b02 4388 889a 6c8929198ce0D13ac351 6a8b 4f23 ae40 0869116ee6c0C00d56c6 fc98 4bf5 b98a 83af36f5ee0833c7d657 c16f 47ce b380 0f3947cdf737Icon user placeholder1a56b188 0482 481c 80ae 75c2690439e4 111人

有川浩の本

ヒア・カムズ・ザ・サン

ヒア・カムズ・ザ・サン

79db7a27 65e0 4abe 91ce f246bca4f2bd

kuwa

小学生を相手に、日々働いています…

登場人物や設定は同じなのに、ストーリー展開が違うだけで、こんなにも父親像が変わって見えることに驚かされた作品。 それに、2つ目を2つ目に持ってきたところがまたいい。逆だったらこんなにも心に残らなかったと思う。 「親は立派な人であるべきだっていうのは、子供の幻想」だから「諦めろ」のくだりは、皆が一度は通る道なのかもしれないなぁなんて読後感。

約1か月前

D13ac351 6a8b 4f23 ae40 0869116ee6c0Icon user placeholder113540f5 5b15 4481 9377 a7d6a1f51c57 28