51b58dg7phl

200X年、二度の航空機事故が人類を眠れる秘密と接触させた。「変な生き物ゆうたわね?そやね?」-秘密を拾った子供たち。「お前を事故空域に連れて行く。話は現... 続き

コメント

現実にこんなことが起きたら…って考えると、ちょっと怖いなと思いました。でも、10年以上も前の本なのに、今の世界に起こることを予測していたのかなって思うほどのリアル感もありました。電力問題とか、人々の争いとか。塩の街を読んだ時も思ったけど、時代の流れを先に読んでいたのかなって感じました。

読者

2d750ff3 eaf9 4b3f b302 9936a2c560a13e6d2ad8 fb13 4fc9 80ce 48e366b45e537c566c23 5b02 4388 889a 6c8929198ce0B4afb615 d2df 4e2e 8c2a e5af57153fbeIcon user placeholder4ec31c00 de3c 46bd a047 3ddfdf3fc902D211cd5d 2f99 43ff ab3c 923b28b2adf1490eba22 b339 474a 9b61 bee413408867 8人

有川浩の本

ヒア・カムズ・ザ・サン

ヒア・カムズ・ザ・サン

79db7a27 65e0 4abe 91ce f246bca4f2bd

kuwa

小学生を相手に、日々働いています…

登場人物や設定は同じなのに、ストーリー展開が違うだけで、こんなにも父親像が変わって見えることに驚かされた作品。 それに、2つ目を2つ目に持ってきたところがまたいい。逆だったらこんなにも心に残らなかったと思う。 「親は立派な人であるべきだっていうのは、子供の幻想」だから「諦めろ」のくだりは、皆が一度は通る道なのかもしれないなぁなんて読後感。

8か月前

E7245062 a26c 4832 b620 d50414471cddC2952b28 ce5f 4d28 a16a 0c9e21412e40Ddf01909 15e6 4b9a 97a7 21e23fc58f1e 30