61jltdklkml

コメント

雪乃紗衣の『彩雲国物語』や荻原規子の「勾玉三部作」に並ぶ名作長編ファンタジー、第四弾!
やっと文庫化したので購入、読了しました。

「八咫烏シリーズ」は、「ストーリー」「登場人物」「世界観」、どれをとっても本当に見事な作品です。
この三拍子の緻密な構築は、近年稀にみる出来の良さであると言っても過言ではありません。しかも、デビュー作である第一弾からどんどん精巧さを増しているのだから、阿部智里先生の文才には嫉妬を通り越して、畏怖のようなものすら感じます。
最早、文才というより鬼才。

「八咫烏シリーズ」の最大の「ウリ」は、その先の読めない物語展開です。
今回も存分にハラハラさせていただきました。
どんでん返しのどんでん返しのどんでん返しの…なんてザラじゃあないんです。
だから、読んでる時は一切気が抜けない。
敵の多さや、物語の規模の大きさもありますが、いい意味で読んでいて疲れる作品ですね。

登場人物の描き方も個人的に好みです。
陳腐な言葉ですが、まるで「生きてるみたい」なんです。
欠陥のない人なんて誰ひとりとして居なくて、それがやけにリアルで、彼らの「生」を感じざるを得ない。
巻を増すごとに、登場人物がまた更に心身ともに成長したり、その性質が如実になったりするのがまた憎い演出ですよね。
特に、第一弾ではあんまりしっくり来なかった「浜木綿」というキャラクターですが、彼女の役割というのは第二弾以降徐々に明らかになってきます。
この辺も長編シリーズならではの構成です。

文庫派だったけど、単行本買っちゃおうかな。
心揺れるほど面白い作品です。
和風ファンタジー好きは是非ともお読み下さい。

その他のコメント

文庫化を待ってやっと購入そして一気に読了。
まるで謎解きをするかのようにたたみかけられる後半に魅了されながら思わず読んでしまいました。勁草院での雪哉と周りの烏の学園ストーリーからの今までの3作までになかった若宮の苦悩、そして新たな展開。全ては第4章。そしてまた3章まで読み返したくなる。頭の中でこんなにもイメージが沸き起こって世界に引き込まれる日本のファンタジー小説はわたしにとって他にありません。

八咫烏シリーズ4作目、休みの日って事もありまして、一気に貪り読みました。前作から間を置かずに読んだ為、雪哉の強い意志が感じられる一冊です。
著者の表現力すばらしさで、全てのシーンが脳内で映像化されます。さ、次行こっ!

読者

45f9c798 36c9 4e12 bf5a e40aaab4f9a9Icon user placeholder2bd33aa8 9ed8 45e7 bd9f a9d26aff1a01Fd2bf2b2 ba82 4210 9800 e576a7adf0d546fce168 7f03 4988 bf1d 44c2277571a63db51df0 af67 4e44 8e91 44a0026119aa22461bf2 dedd 4a1a a3b7 eab34b1bc5f18469ba0c 4257 4a24 9415 499470759975 30人

阿部智里の本

弥栄の烏

弥栄の烏

721ff227 6404 486e a136 194741a375b4

付喪神

基本、何でも読みます

2019/07/06 読了 前巻を読んでからかなり時間がたっていたのでどうかと思ったが、読み始めてすぐにこの世界に入っていた。この点は、さすがとしか言えない。 もう一度、最初から読み返してみよう。

3か月前

烏に単は似合わない(1)

烏に単は似合わない(1)

2b1007a8 5549 4aea a9a1 fe745f0a855b

_lilysan__

時々、読書

大人気シリーズのコミカライズ。 小説は気になっていたけれど、読まずに今日まできました。 漫画になって発売されていたことを知り、まずはこちらから。 続きが知りたい気持ちでいっぱい。 積読にしている小説を読み進めようと思います。

5か月前

6c203172 9338 4f25 8b69 7e892d67b6681db77ad7 e4b3 42a3 993c 1802157116fc
発現

発現

22461bf2 dedd 4a1a a3b7 eab34b1bc5f1

kyoko

図書館がすき。

戦後と現代と二つのストーリーが、実態のないものによって、繋がる。 戦争体験者とその家族の悲しい話。 個人の感想としては、阿倍智里さんの八咫烏シリーズは面白かったけど、これはそれほどでもなかった。

6か月前

発現

発現

1525b978 75b4 4758 ae92 afa4d5728ad4

ノノハル

my本棚の前で立ち読みしてしまい…

ホラー仕立てなんだけれど、ホラーじゃない。 新しい視点からの作品だと思います。 過去と現在が重なり合い、仮説を描いていく。 人が殺し合う戦争ってなんなのか、改めて考えさせられました。昨今戦争が歴史になってしまっている気がしますが、決して昔の話ではなく伝承されるべきものだと思いました。 ページ数がもっと多くても良かったような気がします。

6か月前

A1db962e dcd5 4b3c a3cb 41158eb4e2a822b93b3d 6b7f 40af ad82 958cf1919c4f979bd244 2fb4 49e2 a60d 5100edc9f157 11