616zrd gyml

輝の大御神の双子の御子と闇の氏族とが烈しく争う戦乱の世に、闇の巫女姫と生まれながら、光を愛する少女狭也。輝の宮の神殿に縛められ、地底の女神の夢を見ていた、... 続き

コメント

凄かった。
本の中なのにこんなにも広い世界を築くことができるのかと…ため息がでた。
主人公が見ている景色が次々と色づくように脳裏に再生される様は読んでみないとわかんないから是非読んでほしいと思いました。
鳥彦という登場人物に凄く惚れた。恰好いい…鳥だけど。

この本を初めて読んだ時、和物でこんなファンタジーが書けるんだ!と歓喜しました。それから私は萩原作品の虜です。

子供の頃夢中になって読んだ本

上橋菜穂子とか小野不由美を読んでしまうと、荻原規子のファンタジーは主人公の苦難がずいぶん生ぬるいものに感じる。肝心なところは勾玉・御統のちからでスルッと解決しちゃうとか。面白くなくはないけど、なんだかちょっと物足りないかなぁ。

「瀬をはやみ 岩にせかるる滝川の
われても末に 逢はむとぞ思う」(崇徳院)

第一章における詠がすべてだったんだなと。心に留まる一句になりました。

ここから日本神話にも興味が湧いた、始まりの本です。好き過ぎてミュージカルも見に行きました。懐かしい~。

日本神話のファンタジーが面白いと思った。

和風ファンタジーが好きになったきっかけです
あたたかい文体で読みやすい

しばらく積読で、入院する機会に読んでたら、看護士さんに「私も読みました。」と言われ、早く読んでおけばと思った。
ちょっと火の鳥っぽい。

読者

Icon user placeholder921ace39 5704 46db bb90 a5e7d4ea4a4cF7c576e9 180f 4041 ab2a 70765d8c4cac344d13b7 53ef 45f2 aeea f22c296724550a17d43d 1c1a 40be 807c ce17dd69d7a82f8adfe8 5ccc 42cd af96 db7c71bb3d458f363b4b ed46 40b5 abf7 b1c3dfa85573D27612f7 482a 4cfe 84af f5be4ad6430e 29人

荻原規子の本

RDG レッドデータガール はじめてのお使い

RDG レッドデータガール はじめてのお使い

1525b978 75b4 4758 ae92 afa4d5728ad4

ノノハル

my本棚の前で立ち読みしてしまい…

未知の力を持った少女と山伏の修行をしている少年の関係はこれからどうなるんだろう。敵が何で味方は何なのかすら分からないまま。泉水子は、東京に高校進学する事にする。自分で何も決められなかった少女が、自分を認め一歩踏み出した。和風ファンタジーだが、根が深そうだし。暗そう。明るく話が進んでくれると嬉しいかも。

約2か月前

白鳥異伝 上

白鳥異伝 上

D5350c94 d5ed 415e 9fe4 4cd16056f4e9

Non-tan

大学生のgirlです

主人公の美しい強さを決して無駄にしない本の構成に流石だなと感じました。 勾玉三部作というけれど、一作品目とは登場人物が違うから別の物語を読んでいるよう……なのにしっかり荻原さんの文章で美しく描かれているから一作品目を思い出してとても懐かしい気持ちになりました。 勾玉をめぐる冒険は続きますねぇ…。

約1年前

921ace39 5704 46db bb90 a5e7d4ea4a4cBef097c9 c4ad 412f 809f 1541c31bffc2