51j8mm1ljfl

走行中のトレーラーのタイヤが外れて歩行者の母子を直撃した。ホープ自動車が出した「運送会社の整備不良」の結論に納得できない運送会社社長の赤松徳郎。真相を追及... 続き

コメント

強大な組織犯罪に挑む中小企業の社長

その他のコメント

スッキリ痛快な池井戸小説の中で、半沢直樹シリーズか空飛ぶタイヤが1番面白いと思う。
ドラマの半沢直樹が気に入った人には特におすすめ。

痛快‼️ 池井戸ワールドにまたまた引き込まれました(-_^) 一気読みです❣️

読者

3506efb8 b24d 4c5c b0f1 ca30c8af65bc27975ca8 a059 4dff 8868 6373d3a65c4192c69765 4332 4e2a a0cc 1162fd661b1433d1a7c3 2893 4250 97a7 7eccb3786902A01023b7 f778 4ab2 95aa 71e288307c45Ccdfc241 2557 4f44 861a 586c3e0d4ce8Bf4974c3 423b 4aa2 b293 5cc514f55426A4defab7 b833 4fd1 a01f 908d98322c8b 62人

池井戸潤の本

下町ロケット ガウディ計画

下町ロケット ガウディ計画

D6cfad9f 7539 4187 b064 2449c9588bba

たけちよ

23歳。銀行員。

池井戸潤さんの作品はだいたいパターンが決まっていて展開が読める。読める、にもかかわらず面白い、読めるのに先が気になって加速度的にページをめくるスピードが上がる。不思議。

9か月前

Icon user placeholderDa06e4bf 15b1 4197 862f e10963f3ab6492d06a10 2147 4a77 84f2 81176c2f089a 14
下町ロケット ヤタガラス

下町ロケット ヤタガラス

1525b978 75b4 4758 ae92 afa4d5728ad4

ノノハル

my本棚の前で立ち読みしてしまい…

いつも通りの展開。分かっていながら、理不尽な横ヤリにイライラしてしまいます。笑 無人農業用ロボットのエンジンとトランスミッションの開発を中心とした話の副題が「ヤタガラス」なんです! ニクいですねぇ。 根っこはロケットに繋がるのです。 そして下町の心意気が、泣かせます。

11か月前

F6c4487c b640 4480 993b f9ddc1e13683E7245062 a26c 4832 b620 d50414471cdd4d0235f6 d13c 4c9c bead 1a6b3560e431 21