416jfhk4kll

家出した父、家庭を顧みない母。ずっと欠落感を抱えて生きてきた“私"だったが、ふとしたきっかけで出会った額装屋の仕事に惹かれ、次第に心を開くようになる──。... 続き

コメント

その他のコメント

「なにかが欠けている」こと、主体性のこと、気を使うということ、いろんなことが沁みました

優しい哀しい物語。多分本当はかなしくないんだろうけれど
ずっと亡くした祖父のことを考えて読んでいたので。

読者

3c54a823 0492 4b6f a0b2 8583d7d9633334ae4be5 b1b6 4f64 83a1 30de4e71cb608d788a16 5772 4a7e bc8c 819f46337058F29fea53 444b 4e86 b393 8083d8152eae9ca9a7d2 8803 45ab 8773 bb44ebb0c390Fcd78a68 5507 494c a56a b3dcf49699db59168a91 61fa 451d a0ab 8b3cb5695e8c 7人

宮下奈都の本

たった、それだけ

たった、それだけ

C6af0ead 83a6 49f2 ab89 a9c3ddd25cf0

min

本が好き。

たった、それだけ の思いが浸透して人格をつくり、未来を選択している。逃げるのは選択肢の一つということを感じさせてくれる。

8か月前

80d5593d 19b1 49a9 8089 776340a0d15aIcon user placeholder
羊と鋼の森

羊と鋼の森

86818e08 9f1c 47a9 94d0 270200f0d841

あめだま

好きな作家は森博嗣、村田沙耶香、…

普段スポットライトの当たらない調律師という職業だけど、その魅力を主人公外村と共に味わい、共に沈むような、そんな感覚になりました。

9か月前

Eac908e6 1551 4ad2 88e5 bc8d447309a6Icon user placeholder439bcb89 305d 4229 8bd4 7c8a9644bbc1 336
神さまたちの遊ぶ庭

神さまたちの遊ぶ庭

Bb8953ff 4ab9 4767 960f 764e3c93527a

mame3

Books

アイヌ語で「神さまたちの遊ぶ庭」を意味する北海道の村に山村留学することになった宮下家。絶景に囲まれた毎日はうらやましいくらいですが、現実はもっとサバイバルだったのかもしれません。草餅の材料にとヨモギを摘もうとしたら、トリカブトだったとか、真冬にストーブが壊れるとか…。この地で『羊と鋼の森』が生まれたそうです。 小中学合わせて生徒が15人ほどしかいない学校の授業の豊かさにも驚きました。地域ぐるみで子どものことを考え、真剣に遊び、ぶつかる。大人の本気は子どもに影響を与えないはずがないですよね。 子どもたちを見つめる宮下さんの視線がとても温かくて、卒業式のシーンではママの代わりに泣いちゃいました。

1年前

Eb3f5462 78b1 41e4 ac7a 3580a0d6c0537d63454f a1c2 4f21 bce2 600a21436b005cd558ef 0244 4de3 a51a 6bca5de4fd16 10