41br9em32al

浪人となった竜馬は、幕府の要職にある勝海舟と運命的な出会いをする。勝との触れ合いによって、かれはどの勤王の志士ともちがう独自の道を歩き始めた。生麦事件など... 続き

コメント

う、うそやん!恋愛マンガなら絶対お田鶴様と結ばれるとこやろ!

その他のコメント

後の重要人物が続々と登場するので読んでる際、その後の展開にワクワクします!

読者

E7245062 a26c 4832 b620 d50414471cdd7d6738ca 1bcd 4f9c 8dff 7d9b6abf851a92c69765 4332 4e2a a0cc 1162fd661b14E1fbbdac b3c9 4e6a 9f42 ff2bbcb68876642b02ad 0a3b 4660 bb08 574ec9e2df74843f7463 f023 4cfe 9c2e 1532a7b3f939Acaa0494 01b5 49ee a1eb e72422242b5d4066852c d046 4e07 ae0a 8af4698cd70d 10人

司馬遼太郎の本

歳月

歳月

5965ac89 7374 4416 a719 27e42627144b

土川 正夫

よろしくお願いします。

一連の新書を読んだので、久しぶりに書棚から出してみました。新書と反し司馬さんも西郷の征韓論者として描いています。

4か月前