51chuto8pol

経営していた会社も家族も失った家具職人の東口。川辺の空き地で仲間と暮らす彼の悩みは、アイツにつきまとわれていることだった。そこへ転がり込んできた謎の女・奈... 続き

コメント

初めに出てくる伏線を最後でうまく活かしてる感じが好き。東野圭吾みたいに伏線はりまくると疲れちゃうんで、このくらいが丁度いいかな。

全てを失いホームレスの家具職人として暮らす東口の前に、ある日突然見ず知らずの若い女性が「弟子にしてください」と押しかけてくる。
それから東口の周りでいろんなことが起こり始める。

一気に読んだ。
世の中いいことばかりではないけれど、それをどんな風に乗り越え歩んで行くかは個々の人間次第だ。

辛い人生の中にわずかな光を見出していく物語。

読者

6075e469 a80d 4959 ab1d 69303252905b27975ca8 a059 4dff 8868 6373d3a65c41Ea5e4d68 95e4 4b33 8fa2 394fd1150e1e9bd1b2c1 e7a2 4379 ad5a 7a12d0da13edIcon user placeholderIcon user placeholderE5ba1bc5 2ebe 418c afed 1fea8a3b42c8Icon user placeholder 23人

道尾 秀介の本

月と蟹

月と蟹

53d36a72 4125 4a56 9168 3db9c539f934

Kyohei

好きなもの ・英語(あんまり話せ…

解説の、子どもは悩んでることに困ってるって表現がすごくしっくりきた。男の子にとって母親が男の人のところにいくのはなんとも言えない、本当に困る気持ちになるよね。

3年前

38aecb1e ab6d 44a9 8407 9f126a093a21Icon user placeholderF418b61f 70ad 4abf a1fc a3172452e037 15