51wde4v43gl

白猫の姿に身をやつす宗太郎。便利屋の彼に今回舞い込んできたのはお見合いの立ち会い!? 色恋沙汰に鈍い宗太郎に代わり、仕事を引き受けたのは宗太郎の許婚のお琴... 続き

コメント

大好きな猫の手屋繁盛記の第五弾。3編からなる書き下ろしです。

四角四面の石頭で融通の利かない宗太郎が猫の手屋として人々と交わっていくにつれ、猫の形ではあるが人として成長してゆく。
今回もほんわりと温かい猫の懐のようなお話です。

読者

A550b508 e13f 4cc3 9a13 98c67fd7087b6d30a362 8032 44f0 92fe 587b369650bb87d4ebfc 67c9 4829 8877 939d2fda796d 3人

かたやま和華の本

されど、化け猫は踊る 猫の手屋繁盛記

されど、化け猫は踊る 猫の手屋繁盛記

87d4ebfc 67c9 4829 8877 939d2fda796d

おひさま

活字中毒の書店員

猫の手貸しますシリーズの第4弾。 ある日白猫の姿になってしまった武士が人の姿に戻るため便利屋として奔走するお話。 二本差しの武士の格好で立って歩く人の大きさの猫というのはどんなものだろうか、と毎回思う。 肉球もさぞ大きいに違いないし抜け毛の量もハンパないはず。どう考えても怖いと思うんだけど、みんなに愛されてる猫太郎さん。今回も頑張ります。 我が家の白猫はねこのままでいいです(笑)

1年前

99243ee0 23bf 4299 8a2e 183607d5bf70Daf6073a 6c66 4126 bc03 676433aab319