51g38ie4%2b4l

七つめの感覚である第七官-人間の五官と第六感を超えた感覚に響くような詩を書きたいと願う、赤いちぢれ毛の少女・町子。分裂心理や蘚の恋愛を研究する一風変わった... 続き

コメント

多分ほとんど全ての人が、一生に一度は第七官界を彷徨っているのだと思う。

その他のコメント

どこか午睡の夢のよう。書店で買った時に店員さんに「私もこの本大好きなんです!」と興奮ぎみに言われた思い出深い本。

少女漫画みたいな小説。森見登美彦が好きな人はハマるんちゃうかな〜。

読者

D9d26882 6156 474a bcbb ddb560c9d410Icon user placeholderA3ffa40e a7af 4cb8 962c a49b6f1c84dd4e537b4e 36e0 4ad6 989e 1225fe3778315cc7980a 4cef 4104 80ca 8c4ee643fcc20a17d43d 1c1a 40be 807c ce17dd69d7a8C555e0cb 50f1 4d7b 83d8 f2ff66b6769c29f2596b 2a09 42d3 9b66 5bccf1cb6aea 24人

尾崎翠の本

尾崎翠

尾崎翠

D2774b13 bddc 434c 9642 074af28fa92a

sayaemon

本と猫のある暮らし

「悲痛な軽やかさ」とあとがきで評される美しい文章にしばしば唸った。「第七官界彷徨」、「無風帯から」が好き。

4年前

393fe0b3 ef6b 4d23 b808 c10cd1c2846c8f997df3 7220 420d 8e33 ee2e48d5a7faE200c20d cad6 4d17 8d18 63b710f41909 8
迷へる魂

迷へる魂

C0f655d8 2708 4387 8151 aef6b5d7e746

Little Flapper

仕事にまつわるしごと、ときどきア…

四季や自然とともに息をしながら日常をゆらりゆらり書き綴った作品集。大和言葉の美しさをかみしめられるゆとりのある文字組もよい。

約5年前