Icon stand

ストアでダウンロード

Btn appstore Btn googleplay
5108cfhnqpl

コメント

第三作目で完結なのだけど、物語を作った素晴らしさも去ることながら、彼女の中で一生許されない出来事が確実にあるんだと言う事が見えて来る。

でなければ、こんな文章を書く事は出来ない。

その他のコメント

前作の終盤で示唆された「真実」に疑いを抱いたまま読み進む。何と言っても、タイトルからして〈3つ目の嘘〉なのだから。
序盤で新たな「真実」が語られる。けれどまだ疑いを捨てきれない。前2作で語られた人物たちの存在がぐらついてくるにつれ、真実が近くにあるのかとはるか遠くなのか分からなくなる。
第一と第二を上書きする、第三の物語においても明らかになることのない「真実」とは何なのか。しかしそれを追求したいという思いも次第に萎える。真実など、当人たちにとってすら、語り残していく価値のないものだったのだ。形のはっきりしない悲しみに浸る。
三冊の物語の中に、ふたごは自分たちの人生を閉じ込めた。時が去っても遺るのは、物語だけ。

純文学の『悪童日記』が『ふたりの証拠』でミステリー風味をおび、『第三の嘘』ではとうとうエンタメ小説へ……というのは大げさだけれど、読者はぶんぶん振り回されます。でも、結局どれが真実なの?などと悩むべきじゃないのかもしれませんね。だって、タイトルがネタバレ。作者はそもそも、物語が嘘であることを隠そうとしていないのです。

クラウスが書店の主人に、どんなものを書いているのかと問われて、答えた後にこう言います。
「一冊の本は 、どんなに悲しい本でも 、一つの人生ほど悲しくはあり得ません」
難民となり故郷を失った作者アゴタ・クリストフの心情がこの台詞に現れているのではないかと思いました。だとしたら、この三部作を書いた作者の悲しみの深さには言葉を失うしかありません。

読者

Icon user placeholderE4d8f046 7597 4680 afbc 9a933d5c43f4705a3186 26f6 4491 b78f 518c621045c55e143165 0f72 42f9 90ff d4f2d9213c52Ac6031c8 0f43 44fc a7e4 44e4cfaed5277d9f429e 1f0b 4fe6 b81b b70a0cfa60bf6a66972d 3539 42a6 bf0f 89897ac5c0bb3541e3c1 5be5 4209 a6da 469862481d50 16人

アゴタ・クリストフの本

51pmoywqkul

悪童日記 アゴタ・クリストフ

7c1b1289 399e 445f a1a7 2eea4c2ebab4

オダギリ

学も教養も知恵もどうしようもない…

主人公たちのタフさや狂気が凄まじいエネルギーとなって襲ってくる。ページをめくる手が止まらない。続編があるらしいが正直これだけで完成されてると思う。

1年前

51rfr5k98ml

文盲 アゴタ・クリストフ自伝 アゴタ・クリストフ

F6dfa475 f015 477a a2a7 177e44d57124

nishitanabe1987

ほんがすき

私が悲しいのは、それはむしろ今のこの完璧すぎる安全のせいである。仕事と工場と買い物と洗濯と食事以外には何ひとつ、すべきことも、考えるべきこともないからだ、ただただ日曜日を待って、その日ゆっくりと眠り、いつもより少し長く故国の夢を見ること以外に何ひとつ、待ち望むことがないからだと。(73)

2年前

Ac6031c8 0f43 44fc a7e4 44e4cfaed52732c5d8c6 3afc 4495 a930 f1f622a959d0F3143f54 537d 40eb afda 6015c83d8d86