51n6qst17al

西暦2025年。サハラ、南極、ヒマラヤ-極限環境下での建設事業で、類例のない実績を誇る御鳥羽総合建設は、新たな計画を受注した。依頼主は巨大レジャー企業会長... 続き

コメント

初めての小川一水作品でしたが、作品のテーマや登場人物の無力により、ぐいぐい引き込まれました。宇宙に基地をつくるために、民間企業の建設会社が奮闘します!

読者

28bebfeb 0345 42a3 bd34 c659b284ef318e410532 95ba 41bb 9afd 9b57a614ae7e

小川一水の本

コロロギ岳から木星トロヤへ

コロロギ岳から木星トロヤへ

28bebfeb 0345 42a3 bd34 c659b284ef31

サイカワモエ

本と本棚好き。

過去と未来と通信できる宇宙生物のような蛇が、ちょっと良い仕事をする、みたいな話ですかね。21世紀の登場人物と設定は好きでしたが、23世紀の登場人物と設定はあんまり好きになれなかった。ただ、相変わらずの読みやすさです。

28日前

第六大陸〈2〉

第六大陸〈2〉

28bebfeb 0345 42a3 bd34 c659b284ef31

サイカワモエ

本と本棚好き。

なるほどー。うまく纏めてる作品です!ただ、5巻くらいまで続篇が書けそうなくらいの魅力ある作品です!そりゃ、『プラネテス』の作者の幸村さんがイラスト描くよね。ぴったりです。

2か月前

天涯の砦

天涯の砦

2aa168be e4d4 4a6d b855 9ff8a0c90ab7

Reki

宇宙を!地球を!幸せを創る装置一…

脱出ゲームようなテンポ、一気に読み終えるぼを唆しいような疾走感。

約1年前

BLAME! THE ANTHOLOGY

BLAME! THE ANTHOLOGY

38e6da79 d16f 446c 84d6 13b9464b1823

35DH-1

映画、音楽に纏わる原稿0枚日記

素晴らしい!各作家の『BLAME!』(弐瓶勉)への愛情が溢れている。セリフや描写、そして“検温者”等の言葉の端々が『BLAME!』とのシェア・ワールドとして書き綴られ、読み手を一気に階層世界に引き込んでくれます。冒頭の九岡望氏の「はぐれ者のブルー」は、劇場版アニメ作を御覧になると、思わずニンマリな感じ(^^)

1年前

2431e89a 3f32 4955 bd04 75f9d814504e84d1a374 bc29 4c2e b929 01982e9a9690F6a4cb47 f782 4267 a852 5047a594aa19