51lsnk2djel

お笑い界きっての本読み、ピース又吉が尾崎放哉、太宰治、江戸川乱歩などの作品紹介を通して自身を綴る、胸を揺さぶられるパーソナル・エッセイ集。巻末には芥川賞作... 続き

コメント

元々、若い女の子が多い渋谷のお笑い劇場で配られていたフリーペーパー内の連載を書籍化。

堅苦しい、難しいと思われがちな作家の本が、
読後は今すぐにでも読みたくなるほど身近になっている。読書に熱くなれる一冊。

又吉さん、恐るべし。

その他のコメント

ただただ読む。
そうすると海のような
広い心と知識が血となり肉となる。

又吉さんの血となり肉となった本を
心地のよいエッセイと共に。

第二の図書係で、補佐。
そんな謙遜する必要がないほど、
本が好きなんだと伝わった。

読者

49dff1b6 4b02 4925 bda0 8cd014519c60Icon user placeholderC21e0cf0 962c 4e63 86ee 303caba2499136f4f546 1a34 4a90 b4bb 9aab8e8c62ea00262ceb e827 42de bd86 ac14d3202585Be809b6e 505c 4e54 b016 ae16e392dc12De232267 052d 400b bc60 0ac4afae644c2742b9d7 d4e0 4983 921b 303f9b74e595 30人

又吉直樹の本

火花

火花

6080093b f6c4 478e ab44 307bdfeab0dc

引用しています。

笑えばいいのか泣けばいいのか。切ないけど真っ暗な話じゃなくてよかったです。それこそ線香花火みたいな。

1年前

Fa452119 0b49 4528 add3 9c8f40c7401eCea4bcc5 b478 4d58 aeb0 8499d54e5b871508d1b0 6580 4c0e a593 86bb4b82f44e 69
劇場

劇場

1e4ff2fc a2df 4d2d 9c9d df86a7f6542d

meglita

ビールラバー、寿司ジョ

誰かにとってのまっとうな理屈は、誰かにとっては窮屈な屁理屈でしかないけれど。窮屈な世界に閉じ込められている人はきっと、屁理屈にも気づかない。

1年前

3c54a823 0492 4b6f a0b2 8583d7d96333Cea4bcc5 b478 4d58 aeb0 8499d54e5b8747dc46b0 c76f 4dd4 8885 3159037df71b 116