61xejuwhg%2bl

コメント

読者

Icon user placeholderC64ee4ab c710 4fea a859 9a826a78947b63c52606 abf3 4cf4 8976 6dd4c613b6cb6cb5df69 ceea 4233 aaae 413922b5218cB7c07a55 361d 4690 b7f4 b95d617328d5D55b8599 4319 47be 8218 2223afa4e9f9 6人

角田光代の本

学校の青空

学校の青空

53e40bc2 f249 43d8 88dd 0d4b900b2a8a

岸本ミリ

好きなものは桃とクリームソーダで…

もっと今よりもっと若い頃、高校生とか10代の頃、命が軽かった気がする。でもそれは悪気があるわけじゃなくて無知ともまた違って、エネルギーばかり有り余ってそのままいつでも死んでしまえそうな感覚の中で生きているから仕方がなくて。そんなどうしようもない狭い世界の中で必死に生きる少女たちのお話。

12日前

80d5593d 19b1 49a9 8089 776340a0d15a5f2cc981 6491 4f27 9a38 0469c789c8b8Af12b7cb 283a 4a91 8869 4890d4e5c916 10
対岸の彼女

対岸の彼女

417d400b 6de5 445e b47c 5122f205665f

まいむ

大学4年 理系

歳を重ねるごとに人と関わることを億劫に思う気持ち、とても良くわかります。過去に傷ついた経験が大なり小なりそれぞれあって、足枷になって、臆病になってしまう。そして、そんな世間の理想像とかけ離れた自分の姿に嫌悪感を抱いて、自分の殻に閉じこもってしまう。悪循環。そこから抜け出すためには、対岸の向こう側にいるような正反対のだれかに出会い、向き合い、繋がることが必要なのでは。 いや、例え意味の無いことだったとしても。 「また出会うために、前に進もう」

8か月前

Dae3efb3 9757 405d af65 5c0ce498b4042c2a0c64 6c1f 4af7 8c54 e72c2224df6f5efbc12e e565 4bbf ad47 52662f6c5b5f 18