61afhwcmsul

あの日、思い描いた未来を生きていますか?豊かさに向かう時代、辛い過去を葬ったまま、少女たちは幸福になったのだろうか-。激動の戦後を生き抜いたすべての日本人... 続き

コメント

戦時中子どもだった、時代の変化の波を一番受けたかもしれない、そんな世代の人生の話。今アラサーあたりのおばあちゃん世代だろうか。

読み終わったあとにずっしりくる。
世代によって様々な感想があると思うが、昭和を過ごした人は特にいろいろ思うのではないかな。

そして時代が違っても、人の心理や気持ちは変わらないかもしれない。

誰のせいにしてきたのか。

深いなぁと思う。

角田さんの年齢で、この時代の人生を描けてるのがすごいと思った。

その他のコメント

読者

2c2a0c64 6c1f 4af7 8c54 e72c2224df6f755b445b 6724 42aa a1da ff3b2f0c54d56cbd4e2b f46e 4237 bdc4 7b6df627f0f6151a20ec 11c6 4572 b74d 1715202fc24155630e9f 2915 4f22 bb80 1b77f5dd512085c76b42 4588 453e bd62 20057fc81ee8 6人

角田光代の本

拳の先

拳の先

7574c5cc a6a6 4263 b92b 9152c7b032c5

やどかり

復活

小さなボクシングジムにて、葛藤や不安、決意などが行き交う。 その中でも花形選手の立花と、彼に憧れるいじめられっ子のノンちゃんの関係がいい。 圧倒的に強かった選手との試合後に、階級を変えることを決断した立花に、それって逃げるってこと?と問いかけるノンちゃん。 そうだよ、逃げるんだ。 負けたから? うん、負けたから逃げるんだ。 もしそこに、自分の居場所がないと思ったら、他に行ってもいいんだよ。もっとおもしろそうなところがあれば、そこに行くのは全然悪いことじゃない。 それを逃げるって言う人もいるかもな。 でも言い方を変えれば見つけに行くってことでもあるだろ。自分が入られて面白いって思える場所を見つけに行く。そう考えたら、あまりずるい気もしないんじゃない? 立花に魅せられる。

3か月前