Icon stand

ストアでダウンロード

Btn appstore Btn googleplay
21ww9npnxdl

スピノザの思想的系譜につらなるドルバック、エルヴェシウス、コンドルセ、ミラボーなどの「ラディカルな啓蒙主義者」たちの思想が、実はフランス革命の真の原因であ... 続き

コメント

現代に生きる我々にとってごく普通な概念である人権、思想や信教の自由、また人種間の平等など、いわゆる人類の普遍的価値と呼ばれるものが定着してきたのは、つい最近の話であって、まだまだ定着したとはいえない国や地域もある。日本だってアメリカだってそうした価値観が100パーセント浸透してるとは言い難いところがある。ではそういう普遍的価値観はどこからきたのだろうか。
本書の著者であるジョナサン・イスラエルによれば、哲学者スピノザに始まる急進的啓蒙主義がそうした価値観を見出し、広めてきたのである。急進的な啓蒙主義者が声高な主張により、思想的素地を固めてきたからこそ普遍的価値観が根付くことができたのだという。急進的? 啓蒙主義はそもそも急進的だったのでは?と思ったりしたが、そんなことはなかったようだ。穏健な啓蒙主義者はあくまでも王権やキリスト教的価値観に立脚しながら、つまりは身分制度などはそのままに限定的な改革を志向していたという。
イスラエルの論旨は明快で、普遍的価値観を広めた啓蒙主義者は急進的なそれであって、そうでない主義者は負けたのだ、というのである。
その意味ではとても論争的で結論ありきのプロパガンダみたいなものだが、あまりにも博覧強記なものだからふむふむと頷きながら読むしかなく、気づけばなるほどなあと唸らされることしばしばであった。こうした姿勢に対しては批判も多いそうだ(事実、訳者も批判的)。
それでもこれだけの説得力はすごい。ディドロと、ダランベール、ヴォルテールは百科全書派って習ったけれども、ディドロの急進性に比べて後の2人はそうでなく、どちらかと言えば対立していたなんてちょっと信じられん。

読者

Icon user placeholder5d5b3b7f dd37 4d9c 9590 5fbf0905ecaa33f2a605 d13a 450b 95e8 7aeb1cd9829e26e6a9ac 97ca 4a1b 972d 8dd5b57e9014Af23a43c de7a 4b77 a911 0b5446efba2fIcon user placeholderFdb069c4 bb99 45e7 9099 ff17980e35de8aa4f57f eccf 4fa7 81aa 401766b543de 10人

人文

ゾーンの入り方

ゾーンの入り方

927c5efd 7a13 46f6 927b 8041cbb07718

プクプク

本がすき

人間の可能性を広げていくために チャレンジを続けていったお話 姿勢とか、呼吸とかの練習もついていて その一端を感じることができます(^-^)

1日前

本音で生きる 一秒も後悔しない強い生き方

本音で生きる 一秒も後悔しない強い生き方

Bb8953ff 4ab9 4767 960f 764e3c93527a

mame3

Books

人生は選択の連続です。 だからこそ、「やるかやらないか」で差がついていく。 1章の「言い訳をやめる」は特におすすめ。 「できない理由」から考え始めて言い訳して行動しない人は、ヒマなんです。 と、手厳しいですが、自分の人生の決定権は自分にある。前に進みたいなら、やるしかないから。 『嫌われる勇気―――自己啓発の源流「アドラー」の教え』と合わせて読むとよりいいかも。

1日前

Icon user placeholderIcon user placeholderBd206ab0 388d 44d4 8aaf be7efce83af0 24