515xru1gycl

コメント

淡々としていて、絵もあっさりしていて、読みやすい漫画。

やっぱり家族がうまくいってない人が多いのかな。
これからそういう人は、どんどん増えていくのかな。

感情も内臓みたいにガンになる。
ひどくなると己を蝕んで、死に至ってしまう。
失踪する人の話を読んでて、抗えないものだよなぁ、って思いました。

精神の病は自己責任っていうのは、どうなの?って疑問を持ってる人にぜひ読んでほしい一冊。

患者さんの個性に触れられるシーンはほっとしますし、いい人、面白い人が多そう。
接し方のコツをつかめば、救いがあるような気がします。

とても良かった。関わりのヒントがいっぱい。そんな風にいろんな人の目線に立って理解しようと努力したいな

何より読みやすい。
そして、色々な事例が紹介されていて、勉強になります。
私は1人が好きですが、人との繋がりは大事にしないといけないな、と読んで思いました。
1人が好きと言いつつ、どこかで繋がっていたいのかもしれません。

読者

88f035f6 28c8 4a4a 802a 3bd88f2f7e72588f1a4e 1289 4838 9061 4a44051119ef742a2c1e ece1 498b b574 e13fd2851ad71c1f42f2 fb5d 4e20 ab79 aaf83278e739D3579b84 acbe 4694 8ebe fdace3aba40cIcon user placeholderBf80402e 2475 41c6 a54a f979444ee1c0488fe7a1 db79 45e8 a3e1 c730a3f41e91 35人

水谷緑の本

コミュ障は治らなくても大丈夫 コミックエッセイでわかるマイナスからの会話力

コミュ障は治らなくても大丈夫 コミックエッセイでわかるマイナスからの会話力

Dd941b90 88b9 425c 9cca f8c6c38d532f

しつちょー。@書店員

かけだし書店員

はじめてどハマりしたアニメが『機動警察パトレイバー』と、 とてつもない親近感の吉田さん。 僕はコミュ障ではないけれど、人見知りなので、 この考え方が頭にあると話しやすいかも。 というか、友達同士だったらナチュラルに使っているようなことばかりだった。 特に「いじられキャラになる」のは、 大学時代に多様しまくって今があります(笑) いじられ様様でございます。

約2年前