9784040730455

敵対する司馬氏は消えたが、梅花がいなくなったことで後宮の規律は乱れ、小玉の負担は増大していた。真桂と紅燕が小玉を支えるが、反小玉の動きを見せる妃嬪も出てき... 続き

コメント

新章スタート。
登場人物が、前章から確実に変化している。亡くなったりして舞台から降りた人たちはもちろん、前から出ている人たちの心境が大きく変わっている。特に二人の妃が。
文林が変わったかどうかは分からなかったけれど、小玉は変わった。小玉が今後どう進んで行くか、とても楽しみになった。

読者

A2d0b282 e632 4433 97af bdf521d93f3e

新刊

今日のハチミツ、あしたの私

今日のハチミツ、あしたの私

9b7b10e5 4fb3 4a41 a86b 9a79d145935d

もちもち

食べ過ぎ、飲み過ぎ、読み過ぎ注意…

2年間同棲した安西に連れていかれた故郷で彼の父親に結婚を反対された碧。 彼女は、中学生の頃に偶然出会ったハチミツを手掛かりに、頼る人もいない場所で自分の居場所を求めて孤軍奮闘する。 食べ物をテーマにした小説はどれも好きだ。 登場人物が何かしら食べていてくれると、心底安心して先を読むことができる。 拒食症に悩んだ碧の、どんな時も自分と、そして目の前の人にちゃんとしたものを作って食べさせようとする姿勢に共感を覚えた。 蜜蜂たちが懸命に集めた金色の恵みが、人間の寂しさや悲しみを癒す薬になる。 それは人間の毎日が、小さな自然の恵みによって支えられていることを再認識させてくれる。

約5時間前

4bb0d6f4 8f25 4bb3 ae15 48abac5771fd66840c0d e215 4d42 9e76 2e39cb92489cBd3f1c37 f049 4a4a af4d 35748b1db2b2 26
転生したらスライムだった件(12)

転生したらスライムだった件(12)

247d0cda 45d3 43e7 9daa e56b7e0783f5

HR

マンガ好きです。

リムルはこれまで最強のスライムだったから、まさかシズさんの教え子に追い込まれるとは…。 シズさんにしてもそうだけど、このマンガは女キャラの強さを認めてくれているのが嬉しいですね。 例えばこのシーンでも、教え子の男の子が立ちはだかってもおかしくないのに、女の子を選んでくれていて…。 私は強い女キャラ好きだから、単純にワクワクします! 後半の方では、テンペストに攻め込む新たな敵も出現。 早くリムルが皆の元に戻ってバトルシーンが見たいものです。

約14時間前

IQ

IQ

Fb6e4b2d fd53 4079 9d49 7cbaa0d5dfd8

Koppepantaro

身の丈五尺八寸、中盛無料と戦う日…

著者いわく、「フッドの(=低所得者の多い黒人街の通称)シャーロック・ホームズ」。知性のパワーを武器に、時に学校への通学路すら命を脅かすほどに危険な街角をすりぬけていく主人公と、元ギャングの相棒。冗談みたいなラッパーといかにもな下っ端、腹黒社長などなど、登場人物が軒並みクセが強い。 マーロウのようなスタイリッシュさとは違う、漂うようなグルーヴ感。レナードタッチで味わう丁々発止のかけ合いやハードボイルドさとも違う、ストリートの意味合いが異なる地域の熱く渇いた空気感が、独特の雰囲気を感じさせる作品。 エピローグまでが本編です。ここでまさかの…と思わせて次回作に繋げるのが何ともニクい…。

約15時間前

893c7a03 6ff6 42d8 b81f 2795c753583eAbc154e0 3994 4f0d 9d52 84a14e43a597031ef79a 6886 4cbc a8f1 f809cc18d1dc 20