5177ckt5srl

コメント

人っていつかは死ぬんだけど、ジタバタしたってどうしようもないよなあって思う。今を生きるって、1日1日簡単なようで苦しい。大切な人の側にいたくなりました。

世界が終わることによって始まる関係の物語。

読者

Icon user placeholderB51ed931 1fb9 4e78 8f63 eeb4b4fa47e2297a1221 eed7 4be4 a5ca 490d8531caa1474a4ece 0c83 44b5 800a dc61c57ded797262626b 2805 4a8b b0cb 7802ea43127d568cd3bb 0f5e 42c7 9e83 6eda55171a7cA3ffa40e a7af 4cb8 962c a49b6f1c84ddIcon user placeholder 20人

伊坂幸太郎の本

首折り男のための協奏曲

首折り男のための協奏曲

Dd941b90 88b9 425c 9cca f8c6c38d532f

しつちょー。@書店員

かけだし書店員

最後に向かって、 バラバラだったものが収束するような物語ではないけれど、 1つ1つがしっかりおもしろい連作短編集でした。 途中、あまりのストーリーの完成度に脳みそがじんわぁ〜ってなりました。 めっちゃいい映画観たときみたいな。 無理矢理というか、 こじつけというか、 一見そんな風にも見えるんだけど、 全然そう感じさせないのが伊坂さんの文章力。 登場人物たちのセリフの書き方が映像的でいいなぁ。 「時空のねじれって、あると思うか?」

30日前

515dcb8d e1c4 473b 8bf8 39a13de6d5492263f4a2 791b 4ffe b8fe 94d359b929a9014253d4 6080 4951 9119 24735184a696 17
陽気なギャングは三つ数えろ

陽気なギャングは三つ数えろ

721ff227 6404 486e a136 194741a375b4

付喪神

基本、何でも読みます

2018/09/20 読了 ふと立ち寄った書店で発見。シリーズ化してるのかと思いきや、9年ぶりだとか。伏線&回収は健在。思わず、「そっちか〜」とつぶやいてしまった。久遠と対等に話が出来る人物の出現に驚いた。

2か月前

70dfd73c e07c 4c21 ae6c bfb5507564399e6d8f5b 9958 4d67 a4fe bd9d5b7594530659511d 82e8 4f56 acd4 ef5ec623367f 17