41yh8lf2dnl

人気絶頂の最中、突如姿を消した一人の芸人-。統合失調症という病に襲われたハウス加賀谷の半生と、「松本ハウス」復活までの軌跡が、相方・松本キックの視点を交え... 続き

コメント

2時間少々で読める。相方松本キックとのやり取りに泣かせられる箇所が何度もあり。加賀谷の自殺を止めようとキックの送ったFAX、復活を決めた二人の久しぶりの舞台...ハウス加賀谷が統合失調症を発症する背景要因(家族関係)から、きっかけ、症状のもっともひどかった頃の閉鎖病棟での生活から、復活までの軌跡が本人の思いも赤裸々にまじえて綴られています。ただのエッセイとしても、精神科の専門書としても、読み応えのある本。

その他のコメント

最近ではNHK『バリバラ特集ドラマ・悪夢』で自身と重なる統合失調症患者の役を演じた、ボキャブラ世代のお笑い芸人・ハウス加賀谷の、長きにわたる統合失調症との闘いの記録です。芸名についている『ハウス』に「グループホームにいたから」という意味があるとは、ボキャブラ天国を見ていた頃は全く予想もしませんでした。加賀谷氏が語った体験談を相方の松本キック氏がまとめた形となっており、本人の筆によるものではないというところが評価の分かれるところかと思いますが、松本キック氏の深い相方愛に感動しました。

読者

F11ae2d9 53da 4ea1 b9f9 9e32ab412d4e897f1d39 3e04 47c6 88e0 41c3e417a0ff6a853055 d44d 4bf5 b0dd da8d4132265655726567 d82a 4e2a 8834 03827f5e7724 4人

ノンフィクション

ヨーコさんの“言葉”

ヨーコさんの“言葉”

7574c5cc a6a6 4263 b92b 9152c7b032c5

やどかり

復活

じんわり沁み込んでくる話が、とても抑揚なく入ってくる。 淡谷のり子さんを、その生き方を尊敬する気持ちはよくわかります。 私は私だよと言えることは尊いなぁ。 自分もそうありたい。

5日前

Icon user placeholder5d9aa654 0b5d 41e1 a880 d527ef95bd7b8eca2a5d ab82 46b6 b722 fa50d8d41668
泣き虫しょったんの奇跡 サラリーマンから将棋のプロへ

泣き虫しょったんの奇跡 サラリーマンから将棋のプロへ

1525b978 75b4 4758 ae92 afa4d5728ad4

ノノハル

my本棚の前で立ち読みしてしまい…

自伝小説。 道なき道を切りひらいた先駆者です。 作家さんではないので、ぼくとつとした文章です。 天才ではなく、普通の人がプロ棋士を目指して奨励会で頑張る姿がリアルで新鮮でした。 奨励会を退会してからプロ試験を受ける過程は、端的に語られています。 映画化という事で手にとってみました。

14日前