Icon stand

ストアでダウンロード

Btn appstore Btn googleplay
61mynlknhbl

コメント

兵庫県の赤穂市で私設の絵本図書館を開かれている方が書かれた本。この本の魅力的な部分は世界各地の絵本が紹介されている点だと思います。3千冊以上ある図書館の蔵書の中で2冊しかないミャンマーとラオスの絵本。「タンザニアの昔ばなしではなく、今日のタンザニアの現状を訴えている」と著者の久保さんが評するタンザニアの犬を裁判にかける絵本。ふるさとの風景を絵に残して後世に伝えようとしている方が描いたパプアニューギニアの昔話の絵本なと、パラパラめくって見るだけで世界には色々な物語があるのだなと。世界の絵本を知ることができる本です。

読者

5c3e5231 a83c 4b6f a267 3800cedfd7266e601ea2 de6f 4c16 b856 ebddb66ba84033440575 23bc 4435 9aa8 827ed0224bf3Icon user placeholderAac560d0 7532 40fc a3f8 21dc0a764269014253d4 6080 4951 9119 24735184a69674912335 138b 480d ab00 0baf0be8aab46cb5df69 ceea 4233 aaae 413922b5218c 9人

文学

51e8gmsyxel

悪と仮面のルール 中村文則

C3b1d84d d7fc 4c10 8843 f2a06456e39e

りほ

たまに本を読みます

悪と仮面のルール 伊藤 親戚 何もかも憂鬱なよるに 病んだ犯罪者 倫理や道徳や常識から遠く離れれば、この世界は、全く違うものとして俺達の前に現れるんだよ。まるで、何かのサービスのように。 遮光でもあったけれど、最初に語った将来の夢を最後にもう一度語るシーンが特に素晴らしかった。

約8時間前

61p5q5jwaal

黄金の烏 阿部智里

47447c07 c188 4a46 a700 79a4bc3d1a55

らいこ

ファンタジーハッピーエンドが大好…

不可解で、気持ちの悪い事件が立て続けに起こり、一度に謎が解かれた後に残る遣る瀬無さや後味の悪さ。それこそが奈月彦の運命を暗示しているようで…(本当のところはどうなんだろう…) 真の金烏とは何か、それが奈月彦の口で語られたあとで私が感じたのは、奈月彦のことを奈月彦以上に理解している、あるいは理解しようとしている人たちがそばにいることの意味と大きさだった。 全てではなくてもたくさんの部分を飲み込んでいる浜木綿がいる。わかっているからこそ全てを弟のために捧げようと思っている長束がいる。澄尾がいる。 その列に雪哉が加わる。加わるために歩き出す。 最初から最後まで一本筋が通っていて馬鹿正直なくらい真っ直ぐな雪哉が奈月彦にとって大きな力になるのだろうことが、嬉しくて楽しみで。

1日前

4e2109ae d02b 4562 9a5c 7b40d63d529f976aebaf fd11 47d5 b065 c39dd192a259B610edd7 fd1f 4cab aa62 22c3324912a4
51ppj8nracl

明治・妖モダン 畠中恵

649f3f90 d3a0 4eba 8441 c5be6ac265e8

ももはる

しがない中年書店員

明治時代を舞台にしたほんのちょっぴり怪しげな物語五編。 しゃばけシリーズとはまた少し違う雰囲気ながら、切なくも優しい人情ものです。

1日前