416zzgs4jsl

私がこの本でもっとも述べたいことは,絶対音感があまり音楽的とはいえない能力だということである.それどころか,それはへたをすると音楽にとって好ましくないよう... 続き

コメント

「ピッチに音高名がくっついて聞こえてくるという話が本当だとすると、たとえばピアノの音を聞くと、それに音高名を発音している声が重なって聞こえてくるというのだろうか。それはどうも考えにくいことだ。」

発音している声、聞こえてしまいます…

読者

32c5d8c6 3afc 4495 a930 f1f622a959d0

科学

514dfcmh9 l
0394d359 3fef 483c 8570 6ae519a5118e

fuku

設計事務所勤務ゴミリーマン/元ク…

意識とは何か、心とは何か、それは古来から哲学者が語ってやまないテーマだったが、現在では心と脳はどう関係しているのかという問いになってきている。唯物的な意見もあるし、バークリ流の唯心的な見方もあるが、この本は、それらを、神経科学と哲学を統合する神経哲学という新たな学問で捉えようとする野心的な試みだ。障害や疾病などで正常でない状態の脳の特性やふるまいを手掛かりに脳がいかにして心を生み出しているのかを探る。あまりに新しく、難しくて半分も理解できたか疑わしいところもあるが、これまで脳科学で等閑視されてきた主観性を取り込みながら、自己のアイデンティティを司る部位の発見や世界と脳の「関係」が人格的同一性にもたらす決定的な影響などについては深く納得させられた。もちろんまだ解明されてないことも多く、推論でしかないところもあるから今後の進展をまちたいところ。 とはいえクオリアやいわゆるハードプロブレムも結果として解消(解決ではなく!)させられそうな勢いも感じる。そこは読み間違いがあるかもしれないけど。スタニスラス・ドゥアンヌの『意識と脳』も読み応えがあったが、それと比較して再読する必要がありそう。

19日前

A1715068 f216 45a3 bb82 bb7f421b9f6eAd9cce0f 7d05 4a59 961c bf7d1854fee19a4edd1d 778e 48fe 9bb5 8202a6583d81
41ekwqh15al
3dcbdc7b 6a3a 4f28 9e9d 57e1addaf204

かしこ

長崎が大好きな、長崎出身・福岡在…

読むというか、何というか。暗記するわけでもないけれど目を通してみたかった。暇すぎて死ぬかもしれない時に。あと、羊を数えるよりも確実に早く眠気が来ます。

21日前

61 6ve01vcl
F28f12da 56dc 4042 8814 56e2dc18740a

よりこ

本の虫って程では無いけど、 おも…

Richard Dawkinsや Jarvis Cockerなど、その道のプロが 可愛い質問に答える、素敵な本。 回答者の人選のセンスが素晴らしい。

21日前

9fe8e8e1 8d7c 4371 b80a 1b563b3dd7cb492bfeb0 8f45 401b a708 347648511754952ac0d7 7923 4442 a32c 8465a277f7bd
61aceitjytl
Ea17ea14 9ba2 44ae 9d91 018ccac374e5

ゲリノビッチ

気に入った映画、ゲーム関連の本を…

GODZILLA(2014)がペルム紀の生態系の頂点にいた種族の末裔てことで、ペルム紀のことを知りたくて拝読。 なかなか専門用語が多くて、少し読むのに時間がかかったけど、あの大絶滅を生き残ったと思うと改めてGODZILLAはスゴイと感じられて、面白かった。

26日前