Btn appstore Btn googleplay
51d5ocq%2buql

人生のダメな時期、万歳。人生のスランプ、万々歳。青春小説の金字塔、待望の続篇。バブル最後の売り手市場に乗り遅れ、バイトとパチンコで食いつなぐこの男。名を横... 続き

コメント

う〜ん。前作に思い入れが強い分、本作は蛇足に感じてしまう。世之介の交際相手の子どもが東京オリンピックのマラソンランナーとか、その交際相手と知り合うきっかけもご都合主義的。

その他のコメント

世之介はやっぱりダメな奴なんだけど憎めない。
マッドネスに笑った
あと完全に増田明美さんの声で再生される
レインボーブリッジの開通とかハウステンボスの開業ってその頃か
お父さんとのシーンにじんわり

前作から期間が空いてあの世之介が帰ってきた!と、思わず手に取る。大学を卒業したその後が書かれていた。だめだめなのにそこに救われたり足りなさが愛おしいというアンバランスなのに絶妙なバランス感覚の持ち主、横道世之介。1994年の描写が瑞々しいのに、2020年にはもう居ないとわかってる切なさ。それでも関わった人達は世之介のことをふと思い出してしまう。読み終えてから表紙を見るとまた良い。人生のダメな時期、万歳!

読者

5dc59253 1335 46dc 8342 2f7a4f57b5f4E51916b3 c90b 45be 81df 9a242cc8b87a136df2a3 3aee 4402 a223 7710f260b629Fcc132e6 ad6e 4096 98a5 3b24528d5ccd40a6f84e d125 4936 894b 3ade15b8b55fE3429d5e 1734 460e 8d95 f9e374d2854a5cd558ef 0244 4de3 a51a 6bca5de4fd16111025f1 6f12 4cdc 950c 64d9c2e917c3 38人

吉田修一の本

東京湾景

東京湾景

2ec5687f 31b4 4a10 9fd8 9f5c6f2caba8

Kazu

東京でデザイナーしてます

二人の20年後が追加されたバージョン。 とても良いエピローグ!

6日前

逃亡小説集

逃亡小説集

929e7f2b fa63 4430 870c c2505ca9f1c7

Nirirom

積み本増加中

実在の事件や出来事をモチーフに筆者独自の物語を作りあげている短編集。 前作は犯罪で本作は〝逃亡〟がテーマ。雑誌の連載として読む分には楽しめると思うが、こうして一冊にまとめられると、各物語が弱く、つまらないような気がする。価格もこのページ数の割には高いように感じた。

4か月前