51kky6oeovl

捜査二課から異動してきた“刑事の中の刑事”上河内博人警部が相棒に指名したのは、なんと“内勤のプロ”柴崎警務課長代理だった(「秒差の本命」)。坂元真紀署長は... 続き

コメント

警察の総務とか人事を扱う内勤部門を警務部というらしく内勤一筋の警部を主人公とした警察小説シリーズの第5弾。なんとなく地味なシリーズだけど推理小説としての出来も良く新作が出るのを楽しみにしているうちの一つ。いわゆる刑事を主人公にしたものは多いけど警察内部のことまで題材にできるので〜本作でもパワハラを扱った一編がある〜マンネリ化を防ぐことができてなかなか上手い設定。今回は新たに異動してきた一見ちゃらちゃらした警察官らしくない男に相棒扱いされ振り回されながらも様々な事件に取り組む姿が描かれる。まだまだ好調なこのシリーズ。楽しかった。早くも次作が楽しみです。

読者

08634c99 3a43 40c1 9ad5 6ba772150f2c

安東能明の本

広域指定

広域指定

08634c99 3a43 40c1 9ad5 6ba772150f2c

Toru Omae

欧米ミステリを中心に読んでいます…

かなり気に入ってる警察小説のシリーズ。主人公を刑事じゃなくて人事・総務系の警部補にしたことでよくある刑事モノとは一線を画している印象を持っている。キャリアではないものの本庁でそれなりの出世コースにのっていたのだが罠に嵌められて綾瀬署勤務、上司の署長はキャリアの女性署長という設定。 本作では管内で女子の行方不明事件が発生する。過去に隣接する柏市で類似の事件があり、証拠不十分で不起訴に至った元容疑者が管内に住んでいることが判明、そこから発生する本庁や千葉県警察との確執などが描かれ、読み応えじゅうぶんだった。 今後も楽しみなシリーズだ。

1年前

伴連れ

伴連れ

08634c99 3a43 40c1 9ad5 6ba772150f2c

Toru Omae

欧米ミステリを中心に読んでいます…

管理部門の警官を主人公にした異色の警察小説シリーズ最新刊。やっぱりこの作者は上手い。短編ではあるけども今時の女性警官が成長していく姿を縦軸に入れて一貫性を持たせているあたりが読ませる。 順調に本庁の管理部門で出世しつつあった主人公がある事件の責任を負わされて所轄に飛ばされ女性キャリア署長の下で刑事の真似事をさせられたりと日々奮闘する姿を描いたこのシリーズ。 今日的なネタも盛り込みつつの展開はますます今後に期待が持てる。

約2年前

出署せず

出署せず

08634c99 3a43 40c1 9ad5 6ba772150f2c

Toru Omae

欧米ミステリを中心に読んでいます…

前作の「撃てない警官」が面白かったので手にとってみました。これはもう設定の勝利で、主人公は警務課に勤める警官。刑事とかでは無くて人事総務とか裏方のスタッフ職ですね。 元々本庁の企画係長だった主人公、拳銃自殺した部下の責任を取らされて所轄に左遷されてます。 彼がなんとか元のコースに戻るために刑事の真似事までする中で遭遇する様々な事案に奮闘するさまが描かれています。 スタッフなので刑事と違ってそれこそ幅広い事案が扱われるし、署内の人間模様なども描かれていてこれはネタがつきないな、という感じ。かなり面白いシリーズだと思います。

2年前

撃てない警官

撃てない警官

08634c99 3a43 40c1 9ad5 6ba772150f2c

Toru Omae

欧米ミステリを中心に読んでいます…

警察ものというと刑事が主人公で事件解決までのプロセスを描いたものが主流だけども最近は海外含めてちょっと普通の刑事ではない主人公の作品が出てきている。 これはそのような作品の中でもかなり異色で、主人公は管理畑のみを歩んできたノンキャリの警部。一度も現場に出たことがない彼が警視庁の枢要な職からあるきっかけで左遷されてしまうところから物語が始まる。 所轄署に飛ばされてからも管理畑で勤める傍らもう一度出世コースに返り咲こうという動きを描いていて、事件を巡る躍動感とかは皆無なんだけど面白い作品に仕上がっています。 なかなか良かったので次作以降も追ってみようと思いました。

2年前