9784065148259

第7回山田風太郎賞受賞作。「週刊文春ミステリーベスト10」第1位、本屋大賞第3位。 圧倒的な取材と着想で、昭和最大の未解決事件を描いた傑作長編小説。 「... 続き

コメント

その他のコメント

事件当時、お菓子のパッケージが厳重になったことや、キツネ目の男のニュースは覚えていたが、大人になった今この本を読んで、子供を巻き込んだ事件であることを改めて意識してみると、恐ろしいことだと思う。犯人の足跡に迫る描き方に引き込まれたが、巻き込まれた子供の行く末を考えると気が沈んだ。

読者

13a02678 3ae3 405a 8439 fc1b32da342bE81fb64a 1447 45c7 8b23 18882751e812A209443d 9caa 4ef1 a492 e750cfcdc656B2ad83d8 5ff7 47e9 99e4 d699b3b88da36c2fe14b 38bf 4ef6 a27a f10bbcb053f1C38a491e 6396 4375 a09e ec086dbcdb460659511d 82e8 4f56 acd4 ef5ec623367fDd68cf61 1373 422d b23d ecb993c4a24c 19人

塩田武士の本

歪んだ波紋

歪んだ波紋

1525b978 75b4 4758 ae92 afa4d5728ad4

ノノハル

my本棚の前で立ち読みしてしまい…

5つの物語は繋がっているので、長編の如くしっかり読み抜いてから先に進みたい。主人公達が変わるので価値観が変わっていくのが面白い。 で、最後の「歪んだ波紋」の内容に恐れ慄いてしまった。 読みやすさ受け入れやすさばかりを望んでいては、私達はとんでもない方向にひっぱられて、気がついた時には、自分が真っ黒になっているのではないかと思うと怖い。 情報を発信する人達は、道徳心とプライドをもってほしい。今はひとりひとりが、発信者になれるのだから。 それが「新しい脅威」に立ち向かう武器となるかもしれない。

8か月前

4fd6ba7a ad0c 4e5e a982 4f7eed1de3a226bf068d 8584 433b 8c89 a2d9bcdeb986Icon user placeholder 18
騙し絵の牙

騙し絵の牙

Da7ed40f 2e85 4d0f b348 238216b8aa92

Ritsuko

本の街 神保町で働いています。

面白かった! うちの会社にも、どこかに速水さんがいるんじゃないかと思うほどの臨場感。業界の現状を突きつけるビジネス書レベルのリアリティ。一気読みでした。 苦境を乗り越えて起死回生!的な、ただの熱いビジネス小説、では終わりません。 自分の生きている場所を、これからを、つらつら思いながら読むことになりました。頭使って頑張っていこう。

約2年前

C9416021 ddcd 4549 a615 2e95cc0f62acEd9a905c 01a3 4081 8aea 80999174d7fcIcon user placeholder 54
女神のタクト

女神のタクト

Be3180c0 ec93 4318 8d27 23d810406ad7

やすやす

会社員す

良かった。役者が出揃ったところで最後は予想つくけどね。いつもの塩田ワールド全開で、前半はボケとツッコミの上方漫才で、後半に向かうにつれシリアスに。このやり方が本当に効果上げてるのかは??だけど。おそらく音楽の専門家ではないので、それに関する記述は最小限に抑えたのも好感がもてた。

2年前

ともにがんばりましょう

ともにがんばりましょう

D5457f7c 4637 462f 88e8 e397e32ae453

Takuya Yamamoto

島根県/双子/福祉職→総務課 本…

組合の執行委員について知りたくて読んだ本。組合員の事を考え代表して上層部と意見を言い合う立場。組合員の気持ちだけでなく、会社の事情にも精通していなければ、大胆な提案もできないし、押さえ込まれてしまう。『ともにがんばりましょう』良い言葉だ。組合はともにがんばるためにある。

2年前