51dcpqncb9l

北海道天塩山麓の開拓村を突然恐怖の渦に巻込んだ一頭の羆の出現!日本獣害史上最大の惨事は大正4年12月に起った。冬眠の時期を逸した羆が、わずか2日間に6人の... 続き

コメント

熊襲撃もの その2

北海道のとある開拓村での事件をもとにした、ドキュメンタリー長編。

えっ…人間食べちゃうのね…的な衝撃で始まるのに、あーまた千切っちゃってるよくらいな感覚に、だんだん麻痺してくる。
その場面が、見たわけでもないのに脳裏に鮮明に浮かんでくる描写は、さすが吉村昭。

熊怖すぎる。無理無理無理。

心震えました。
僕は山の中で3回 熊と遭遇してますが、ほんとにビビります。ましてや、この本の様な熊が出てきたら、、、。実話なのが本当に怖い。

「女の味を覚えた」その一言が熊の恐ろしさを増幅させ、同時に嫌悪感まで抱いてしまう。
永きに渡り受け継がれる、受け継ぐとは何なのかその理由が分かる。

史上最悪の熊による村襲撃、そのターゲットは女性と子供だけだった。その理由とは!

三毛別羆事件を題材としたドキュメンタリー。非常に痛ましい獣害事件なのだが、同時に「読ませる」、面白いドキュメンタリー。ただ、ウィキペディアの当該ページでも、十分面白いんだよな…

羆の恐ろしさに震えるもよし、孤高の熊撃ち銀四郎に痺れるもよし。
被害者の方達には失礼かもしれないが、しっかりとエンターテイメントしている作品。
定期的に読み返してます。

読者

Icon user placeholder9b92c5df 953f 473f be92 1f218474893d96d5802b 6451 4dab abd2 12cf27d2aa1cIcon user placeholderD2e3f5a7 ca3d 4fbc a529 fb7802d27c86Eaf4a5f0 bc3b 4b28 b90f a039ca5c7ba8840af13a 7572 4368 82d4 67845dac04e098890aaf 2d07 4311 8d59 aca2df815a60 22人

吉村昭の本

プリズンの満月

プリズンの満月

79db7a27 65e0 4abe 91ce f246bca4f2bd

kuwa

小学生を相手に、日々働いています…

実在した森田石蔵という元刑務官の話や、彼が作ったという年表をもとにして書かれた小説。完全にフィクション。 ドラマのような感動や、物語の起伏はない。むしろ時間軸場所軸が前触れなく変わるから、吉村昭に慣れない人には読みづらい印象。 それでもやはり、あとがきにも書かれていたけど「共苦」の感情を作品の基底においてあるところが、日本人たる自分の心を揺さぶる。 戦争責任なんて、個人はおろか、国単位で考えてももしかしたら存在しないんじゃないかと思った。

19日前

履歴書代わりに

履歴書代わりに

79db7a27 65e0 4abe 91ce f246bca4f2bd

kuwa

小学生を相手に、日々働いています…

敬愛する吉村昭。 彼のエッセイを読めすぎて、もはや既視感しかないけど、それでもやっぱり好き。 終盤に載っていた青春〜の話は、淡々としていてそれでいて氏の死生観が表れているところが素晴らしかった。

約2か月前

戦艦武蔵ノート

戦艦武蔵ノート

Picture

渡辺洋介

神田村経由専門書版元

大衆のすさまじいエネルギーとそれによってもたらされる戦争の虚しさひいては人間の虚しさを描いた傑作「戦艦武蔵」その愚直なまでの制作過程と調査の日々、著者の脳内皮質奥深くまで覗いたような気になる。 「いろいろ調べてみたんだが、この日本で実際に和平運動を行っていたのは、わずかな人数だったらしい。むろんそれだけではなかっただろうけど。俺が運動に加わっていたとき、憲兵や警官と同じくらい恐れていたのは、実は隣近所にいる平凡な市民だった。それなのに戦争が終わったとたん、数十万人もの人間が出てきて今さらのように戦争反対永久平和をとなえて気勢をあげるなんて、そんな馬鹿げたことがあるか。人間なんて信用できないものだと、おれはつくづく思ったのさ」P.9~10

5か月前