41np7vltcrl

塗師・赤木明登の14人の暮らしと美学を訪ねる旅。思索に満ちた初エッセイ集。 続き

コメント

塗師・赤木明登さん。元々編集者でいらっしゃったとは知らず驚いた。わたしは赤木さんの器のファンとは言えないけれど、この本を通して、間違いなく赤木さんの文章のファンになった。赤木さんのカタカナと、優しくうなずくような末尾の「ね」が大好きだ。全編音読するのが楽しい。登場する人の多くは手でつくる人たち、ほぼ知らない方ばかりだけれど、赤木さんを通して知れてよかった。すべての人に、好感を持っちゃうよね。

読者

Icon user placeholderA2c42132 e90d 4fe1 b5ef 607b02b13261Cb9ac0a1 3eb7 4e90 ab00 7b0e2820d9ff79944e8b 728e 4873 8b4a b8e610e23548 4人

文学

くらまし屋稼業

くらまし屋稼業

1525b978 75b4 4758 ae92 afa4d5728ad4

ノノハル

my本棚の前で立ち読みしてしまい…

ノンストップエンターテイメント時代劇とはーーまさしく! 「くらまし屋稼業」平九郎一味は、一癖も二癖もある、其々に謎を背負ってる人達の集まりです。知恵を使っての「くらまし」も小気味がいい。 シリーズ敵役も堂々登場!これから、如何に話が進んで行くか、楽しみです。

約3時間前

舌の記憶

舌の記憶

5c37b4b4 e3ce 4812 94b5 4e7411cda051

いのり

トライポフォビア

幼い頃の朧げな記憶 だけど、食べ物だけは色鮮やか ほんの少し、切なくて寂しくて 泣きたくなるような舌の記憶 個性的な女優の叔母と俳優の叔父 儚げで優しい母との4人暮らし 普通とは少し違う幼少期を過ごした 著者の食べ物を通した思い出綴り

約10時間前