41t8dntnwrl

コメント

作家としての安西水丸に初めて出会った本。どうしても手に入らず、近くの図書館で

読者

D4959f39 367d 4ca5 9c77 f33c3388a0e3

安西水丸の本

象工場のハッピーエンド

象工場のハッピーエンド

A10abdb8 2d0d 4f3a 8906 03e246c19af3

そらもよう

空中ランダムウォーク(仮)乱読中

安西水丸さんのイラストたっぷり味わいながら、村上春樹さんの軽快なリズムに乗って、いつのまにか音読していた。。。あの羊男さんや双子も登場、「マイ・スニーカー・ストーリー」に目が点になり「鏡の中の夕焼け」にるるる。白ワインとマスクメロンのイラストいいな〜と思いつつ、書体がいろいろで楽しいです。

3か月前

酒呑みに与ふる書

酒呑みに与ふる書

721ff227 6404 486e a136 194741a375b4

付喪神

基本、何でも読みます

2019/04/06 読了 〜あるいは酒でいっぱいの海〜 松尾芭蕉から夏目漱石。江戸川乱歩に折口信夫。角田光代や村上春樹。内田樹と鷲田清一も。 酒の肴にちょうどいい。ちびちびやりながら楽しく読みました。日本酒の話がもっとあったらもっと良かったのになぁ。 装丁が素敵ですね。 〜すべての酒呑みに捧ぐ〜

6か月前

9ac9871f 33f3 4bb3 b203 9133cb38cc652d3893ff 7bc4 4c12 af6d 249f655eb6daIcon user placeholder 25
メロンが食べたい

メロンが食べたい

927c5efd 7a13 46f6 927b 8041cbb07718

プクプク

本がすき

似てないようで似てる似顔絵とか、色気があるようでないようなイラストとか、ちょこっとズレた感じのお話とかがあって、なんとなくいいなぁと思ってしまいます(^^)

1年前

Icon user placeholder56c8022c 9791 473b 9cbc f021e3f0a16f5b0ed130 b34d 4791 be03 e05a61fe358f
ひさしぶりの海苔弁

ひさしぶりの海苔弁

Picture

渡辺洋介

神田村経由専門書版元

「氷水できいんと冷やしてからおもむろに齧る」氷水漬け胡瓜と添えられた貝殻の静物画のような美しさ「きゅうりをがぶり」、「雪降る夜中ひとりブランコに揺られている志村僑を蹴飛ばすような狼藉である」なぜかブランコに揺られる油揚げのシュールさ、映画「生きる」からだとおもうけど、ゲゲゲの鬼太郎に登場する「ぬりかべ」のようなちっちゃい手足のついた油揚げがブランコに揺られている図に微笑む「油揚げ産江」など安西水丸さんのイラストが素晴らしい。 ところでなぜ油揚げと志村僑が結びつくかというと 「焙って生姜醤油を添えれば、日本酒ぐいぐい。はんぶんに切って袋にし、ブルーチーズを詰めて焼けば、白ワインがぶがぶ。なのに脇役の顔を崩さず、あくまでも寡黙。志村僑の顔など浮かんでくる(アブラっ気の抜けかげんが極限の近似値)。」だそう。面白い。

1年前