41nv7gbgn l

「これからは竹林の時代であるな!」閃いた登美彦氏は、京都の西、桂へと向かった。実家で竹林を所有する職場の先輩、鍵屋さんを訪ねるのだ。荒れはてた竹林の手入れ... 続き

コメント

著者曰く、「無益さにかけては他の追随を許さない作品」。

エッセイという名の妄想のカタマリ。

よくこんなマジメにくだらないこと書けるなぁと思った。

これでもホメてます(笑)

のらりくらりと読み終えるまでひと月かかった。そんな森見妄想エッセイ(なのかも)。

独特のあの文体でエッセイを書かれると、もうなんでもが小説の中の出来事のよう。ニヤリとする場面が散りばめられている。

今度から竹林みるたびに森見さん思い出してニヤリとしちゃう。

たまにこの人の妄想に付き合ってみる。
オモチロイんだけど疲れるから、体調のいい時に。

この本を読んだものは「これからは竹林の時代であるな!」と感化。上田弘一郎先生の「竹と人生」を古本屋で探し、竹林経営の準備に取り掛かるであろう。そして竹林の友と「長寿と繁栄を!」とバルカン人流挨拶を交わすのだ。蚊取り線香を忘れずに。

読者

Icon user placeholderC8afdf3a 9ef7 43bb 844c 873405613213Ee494f5e 3fb2 4a42 a84d 019463e66a09Akiaivjyeuyp25rambwaC9584f8f 2258 4507 a920 cb169b4ce7157d9f429e 1f0b 4fe6 b81b b70a0cfa60bf9b7b10e5 4fb3 4a41 a86b 9a79d145935d014253d4 6080 4951 9119 24735184a696 22人

森見登美彦の本

有頂天家族

有頂天家族

883f2a9c f4ba 4fdd b1d7 26bc64e04093

まこと

二児の父親

人間と天狗と狸が暮らす現代の京都を舞台に、「阿呆の血」を受け継いだ狸の家族の物語。真面目で努力家だがピンチに弱い矢一郎、父の死のショックから井戸に引きこもり蛙の姿から戻れなくなった矢二郎、「面白きことは良きことなり!」が身上の矢三郎、偽電気ブランの工場で働く小心者の矢四郎、四人の子供達と宝塚を愛する母が、絶体絶命のピンチを前に奇跡を起こす・・・という話。 「くされ大学生」「阿呆の血のしからしむるところ」といった森見登美彦の独特言葉のチョイスとユーモア、そして愛すべきキャラクター達がクセになる。 また、面白おかしいだけでなく、最後には温かい気持ちになれる点も魅力。 父・総一郎が長兄に語った言葉が印象的。 「兄弟仲良く! なにしろ、おまえたちには、みんな同じ『阿呆の血が流れている』」

12日前

A7d2093d 2435 4293 bedd e792e04598d0Icon user placeholder9886eb0d 0656 4452 84b3 c8168afdb00c 16
太陽と乙女

太陽と乙女

Dd941b90 88b9 425c 9cca f8c6c38d532f

しつちょー。@書店員

かけだし書店員

森見氏の、デビューから現在に至るまで、 新聞や雑誌、舞台パンフなどなどあらゆる媒体で書かれた文章をほぼ網羅したエッセイ集。 ひねくれつつも、どこか愛のある、 人間味を感じる森見氏の文体が好きだ。 もっと言うと、 大学生の頃のノリを延長したかのような空気感が大好きだ。 その時の思い出がなければ、 数々の名作はこの世に生まれ出なかったのであろう。 氏と同じライフル射撃部だったという明石氏やダークスコルピオン氏にぜひお会いしてみたい。 願わくば、 一番森見汁の濃い『太陽の塔』の早期映像化を! もちろん同じ大学ノリを感じるヨーロッパ企画上田氏脚本で!

7か月前

Icon user placeholder871870e0 8aa8 44a7 916c b2afb52a041e6330d144 2e1f 45c6 b503 7644eea9068b 22
森見登美彦の京都ぐるぐる案内

森見登美彦の京都ぐるぐる案内

3a2b47f1 f858 4450 9ced afecef3d3d89

NB

27歳、社会人

手描きの見やすい地図つきで、街をまわってる感じがあっていい。文学的な要素もあり、飽きにくく、サクッと読める。 主要の観光スポットだけではないので、ぶらりと歩きたい人、ガイドブックまではいらない人にとっては、おもしろい本かもしれない。

1年前

C5dbbcbf 5552 4163 abe5 401d53364456605e81f7 78b3 4c99 a4a0 09b6d2ea817aEf4056d8 4c77 4727 8c8a 4ec70402cae3 11