51jyicjw5nl

美の門番を自認する耽美派カメラマンがついに解明した「美女のひみつ」 なんの不自由もないような美女がひそかに抱える苦悩とはなにか。 胸を張って外へ出かける... 続き

コメント

美しさとは時代によって変わる概念であり、実体はない。ならば美女とは何なのか。それは顔の美しさだけではなく、外見、内面、ファッションなどカラダ全体から、どうしてもにじみ湧き出る「華」なのだと知る。

その他のコメント

私にとって下村一喜さんは、完璧な美女の写真を撮る方だったので、さぞかし厳しい言葉が並んでいるのかと思いきや・・・著者の優しさと、美への探究心が文章からじんわりと伝わってきて、全ての女性にとって、心が救われ、ポジティブになれる本だと思いました。
やさぐれた時、やっぱり顔が良いだけの人が一番得だよね、と思いたくなることがありますが、そんな考えは馬鹿馬鹿しいのだと気づかせてくれます。
やさしい言葉の選び方と、多すぎない文章量は、著者とゆったりお喋りしているかのような気分になれて、
難しい言葉やデータは出てこないですが、写真を通して美人を追求し続けている方だからこその、説得力を感じられました。
もう少し、自分を好きになって、がんばってみようと思える本です。

読者

2b7cc37e be2d 492e 8edb fe70557bb3a0C9c3940b 7ba5 4fb1 ad36 c879a05d3fbb77961d13 3002 4ed3 8a75 ace9dabe17d370654a4f 2cc2 406d bb7f 33c58cdc30af 4人

暮らし

41nvyq0667l
F483711e 1287 4c51 8ce7 ba8a956d108f

trs says

なにかの感想 GREEN

ギブアンドテイクに似ているところがあった コミュニティのために働くというのはやはりプロフェッショナルを指すのだなと思いました 文章から朝令暮改さがにじみ出ていたのは怖かった

2日前

08634c99 3a43 40c1 9ad5 6ba772150f2c7cf89040 903d 4577 9f5d 18ed1a8c7fa5
51nnewi1%2b9l
Bf76efa7 fece 430e 9f67 9a265b541f1f

mizu

初心者です。

Twitterでブスが美人に憧れた話を読んで、共感して、気付かされることがありました。 さらに細かく書かれていて、わたしもブスなところがあるなと落ち込むところもありますが、どちらかというと今は美人に憧れて脱ブスを目指しているので、よしわたしもがんばろうと背中を押してくれる内容でした。 最後にある、幸せとはというところにどうして美人になりたいか、なぜ見た目の美しさが必要なのかという話は目からウロコでした。 わたしもなぜ、脱ブスを目指しているのかと聞かれてら著者フジコさんと同じことを言いますが、この本を読まなければはっきり言えなかったと思います。 昔読んだ本に自分に厳しい人は人にも厳しいと書いてありました。 自分に優しい人は人にも優しい。 美人は自分に優しく、人にも優しいと。 わたしも自分にもっと目を向けて、自分に対してなぜそうしたいのかと自分を見つめなおそうと思えました。 こうやって、変われた話を知れてよかった。

4日前

3a54a5ce 6490 4a67 9561 6cb5bc450f431320faa6 2572 4fa7 aded 6a0c7d14efe1B7c07a55 361d 4690 b7f4 b95d617328d5
51j mpp25yl
3a4687c0 918a 4782 9d6c f9ef826cd6e1

とーちん

普通のサラリーマン 年間

歩けば、病気だけではなく、鬱にもなりにくくなる事が書かれている。 どのよう歩くか も書かれている。 読んで損はしないと思いますよ!

4日前