51jyicjw5nl

美の門番を自認する耽美派カメラマンがついに解明した「美女のひみつ」 なんの不自由もないような美女がひそかに抱える苦悩とはなにか。 胸を張って外へ出かける... 続き

コメント

美しさとは時代によって変わる概念であり、実体はない。ならば美女とは何なのか。それは顔の美しさだけではなく、外見、内面、ファッションなどカラダ全体から、どうしてもにじみ湧き出る「華」なのだと知る。

その他のコメント

私にとって下村一喜さんは、完璧な美女の写真を撮る方だったので、さぞかし厳しい言葉が並んでいるのかと思いきや・・・著者の優しさと、美への探究心が文章からじんわりと伝わってきて、全ての女性にとって、心が救われ、ポジティブになれる本だと思いました。
やさぐれた時、やっぱり顔が良いだけの人が一番得だよね、と思いたくなることがありますが、そんな考えは馬鹿馬鹿しいのだと気づかせてくれます。
やさしい言葉の選び方と、多すぎない文章量は、著者とゆったりお喋りしているかのような気分になれて、
難しい言葉やデータは出てこないですが、写真を通して美人を追求し続けている方だからこその、説得力を感じられました。
もう少し、自分を好きになって、がんばってみようと思える本です。

読者

3ef4c210 ea7e 4333 990e e66b1e6fbb8f2b7cc37e be2d 492e 8edb fe70557bb3a0C9c3940b 7ba5 4fb1 ad36 c879a05d3fbb77961d13 3002 4ed3 8a75 ace9dabe17d32767be50 ba1f 473b a7ae 265aefc0c1e9 5人

暮らし

51930c0kt6l
843274d7 09ba 4cc8 bd4f 5ecafed8a43a

0000

tokyo

野菜も生き物も、いのちが移るとき一時透明になる。

2日前

51igoq0zmml
3a4687c0 918a 4782 9d6c f9ef826cd6e1

とーちん

普通のサラリーマン 年間

日々の少しのトレーニングで怒りを消す。 怒りを消すための考え方や瞑想のやり方が書かれている。 最初に書かれているが、第3章だけでも良いかも。 1章2章は、アドラーの考え方に通ずるものがある。

5日前

099dd5e6 a654 4556 a38a 2d8c84738dcdAabf8279 3a21 46eb b270 ac3095d1f83dC68ee823 b1b2 4803 b819 ebb1fcae85f6 8
519l5z%2brlxl
50d70d83 2014 445b a680 f09b8a70efc1

りょうこ

おんがく くらし たべもの

イラストのタッチが好きです。 こんな女性になりたい (見た目)

11日前

6afd9e7b 40a8 4dc6 a6d8 b5e06bc37339D046a39d f072 4a16 894f ed148d4d0a6138aecb1e ab6d 44a9 8407 9f126a093a21
51hkezbk vl
8a147539 d412 4499 b071 084ec14a5be6

キムチン(Yoko Okamoto)

大阪府出身

夏にぴったりなレシピ満載。簡単で美味しくできる。マリネって勝手に酸っぱいものだけと思っていたのですが、違うんですね。ここんとこ毎日この本を見て晩ご飯を作ってます。

11日前