51 khyssvgl

ビジネスに役立つ発想のヒントが満載棋士生活30年、常にトップを走り続ける天才。その卓越した思考力、持続力はどこから湧き出るのか。自身の言葉で明らかにする。 続き

コメント

以前は将棋指しなんて、子どもの頃から将棋ばかりして世間なんて何も知らないんだろうと思っていた。しかしこの永世七冠はとんでもなく、幅広い知識と柔軟な思考で、対談集としても一流だと思う。

読者

Icon user placeholderFdc3df73 6ecc 4500 ae67 df733823d09fIcon user placeholder7fc1ca47 5865 4dca 80ca d1a147049c3401f59846 4828 4cd6 ab46 86a79a326714E0422bdf d10d 4a40 a448 66458dd59937 6人

羽生善治の本

結果を出し続けるために

結果を出し続けるために

Fdc3df73 6ecc 4500 ae67 df733823d09f

ぐーるど

半世紀、本を読んでる

羽生さんの言葉のひとつひとつが、仕事をする上で、人との付き合いでとても良い参考になる。なまじ下手なビジネス書なんかより、よほど役に立つ。将棋で言う「大局観」。そして自ら負けました、と宣言する潔さ。

約2か月前

人工知能の核心

人工知能の核心

47e08e49 e5c0 4a11 90c6 db62baeca62a

inoue

Webエンジニア

羽生善治とNHKスペシャル取材班が、人工知能の様々な事例をまとめたもの。2016年5月に放送された番組も話題でしたが、この本では取材からさらに掘り下げ、汎用人工知能の可能性、その限界など、羽生さんによる考察が中心。タイトル通り、先端の事例からAI技術そのものの核心に向かう内容です。

約2年前

B46bc3c4 6279 4489 9c62 8eb16ad583bbFdc3df73 6ecc 4500 ae67 df733823d09f0a467042 b041 44c0 a72d 79d42a3a62dc 52