41r1s8otjkl

「インスピレーションを得るための公式や型紙は存在しない。だけど、それを得る自分なりの方法を発見するために辿るべきプロセスならある。」幼少時は『ボビー・フィ... 続き

コメント

凄すぎる。
前半の習得術みたいな部分はどんな人が読んでも腑に落ちる点がある。細かい細かい部分まで削ぎ落として書かれた濃密な言葉だから伝わってくる。

そして最後の決勝戦は圧巻でしかない。
張り詰めた緊張感と観客の声援が聞こえてきそうなぐらい精密に情景が伝わってくる。

丁寧で繊細で、それでいて情熱的なジョッシュに惹かれっぱなしになる。

その他のコメント

どのようなことでも本質をついてそれを身体に染み込ませることで上達するという話で、関心することばかり。だけどこの本が凄いのはドキュメントとしても秀逸なことで、読んでいて楽しいし物語の展開に興奮するし、タメになるという素晴らしい一冊。

かつてボビーフィッシャーの再来と言われたチェスの申し子が「映画化」を経て”推手”へと至り、武術大会で優勝するまでの自叙伝

映画を知らなくてチェスと武術?なんて思って読んだらとても良書でした。(あくまでも個人的に)

上達する過程の心情なんかをチェスの側面、武術の側面から考えてアプローチする。”学ぶ力”を学べそうでした。

読者

C73ec256 ee18 44c0 808b 42c49c0f4c7bCd24db8e e921 4c75 9519 dab3e0acc2433bf4db9a 7533 4c1c 8782 8c0734cfc66266a93fcb fedf 403a bb2d 31a5b5d5e9a93925dcbe bbbc 4663 a407 b1c0f7ef4113B96fd855 e753 4b6c a90e 98cae29ae10b 6人

暮らし

大分県のしいたけ料理の本

大分県のしいたけ料理の本

E62f0c3c f8ba 47a7 a44e a1b165318b7f

さすらいのアリクイ

兵庫の山の中で暮らしています

大分県でしいたけを作っている農家の人たちの写真やしいたけ料理のレシピ、しいたけ関連のコラムが載っている本。写真が無茶苦茶いい。しいたけが生えるほだ木が並んで立っているほだ場や、しいたけを焼いたり揚げたり料理している光景、しいたけオムレツを食べた直後の人の顔など、写真が生々しくて、でもガツガツした感じがしない、いやらしくない(商売っ気がかなり薄い)感じがします。料理のレシピもすごい。「こうたろう」というしいたけの品種を使った「こうたろうの塩炒め」の材料は、こうたろうと塩と油のみ。油抜きの空炒りでも可。スーパーでしいたけを買いたくなる本。

約1時間前

脳はバカ、腸はかしこい

脳はバカ、腸はかしこい

5884a1dd efc1 455a 9a04 299806a4472b

masa

こんにちは!読書大好き人間のma…

腸は第2の脳と言われいるが、著者は腸が喜ぶことをした方がいいと端的に言っている。 理由3つ 1.腸は病原菌を排除する 2.ビタミン類を合成し、腸内で幸せホルモンのセロトニンやドーパミンを作り脳に運ぶ 3.脳は客観的にモノを見ない。腸は頑固に正常になるように平素から働く。 すなわち、腸の健康が心身共に健康な体にしてくれる。その為に重要なのは食事。 どんなものを摂取すると腸が喜ぶ紹介されている。

1日前

Icon user placeholderEf861b1a a3b8 4ad3 9303 1426eb76443d5ee131da 086a 4caf a85d 98dea591fa30