613m ku1rol

外国語のなかには、他の言語に訳すときに一言では言い表せないような各国固有の言葉が存在する。本書は、この「翻訳できない言葉」を世界中から集め、著者の感性豊か... 続き

コメント

P53 直訳すると「言葉の階段」。あとになって思いうかんだ、得意即妙な言葉の返し方。

TREPVERTER|トレップヴェルテル

その他のコメント

いろんな国の(っていうか、これはどの国の言葉?っていう言葉も)いろんな表現。
どの表現も、その国に背景を持っているから、いつかその国でその言葉を聞いてみたい。
日本語も入ってます。

このアプリで見かけて探してたらなんと学校の図書館にあった!笑
この本の素晴らしいところは何より作者のコメント。感性に満ち満ち溢れているって感じ。つまりは訳も素晴らしい。
こういう本、増えてくれないかなあ。
2016/06/05

読者

A44b76da 93a8 4762 b65d 75360242e4ddC83c56a7 bc1d 43a3 adb9 6efaab245da518408e5b f9e2 46e7 99b2 c9365be1377320f33cc7 eead 48cb 8ffa f404490e5c235fa91bb1 108f 46fa aa1d a6aae660f9a192c8cc90 799b 4c98 bbe9 a4e8f15cf559Icon user placeholder5aad0610 8005 4190 b54f 5622c0f4f5be 95人

エラ・フランシス・サンダースの本

誰も知らない世界のことわざ

誰も知らない世界のことわざ

A28011f6 5568 4051 b8ee cc1699a8420c

m

本と旅に出ます。

「翻訳できないー」に続き、作者の言葉選びが面白い。 世界中には様々な言語や言い回しがあり、それが生まれた背景にはその土地に根付く文化がある。 理屈ではわかっていても、一つ一つ細かく知る機会はなかなか無いから、ページをめくるたびに新しい出会いや発見があって面白かった。 トルコの、「ブドウは互いを見ながら熟す」とガーナの「水を持ってきてくれる人はそのいれものをこわす人でもある」が好き。 あと、ペルシアの「あなたのレバーをいただきます」は「君の膵臓を食べたい」を思い出した。

1年前

9ac56bdb 9ca0 4fc4 874a 87fc5d74a0a51bb5671b 96b7 4375 9a8d a6ee1cf19387297b95cd 6ba5 4d94 8e04 303af446885a 29