41eotg pitl

キューバの老漁夫サンチャゴは、長い不漁にもめげず、小舟に乗り、たった一人で出漁する。残りわずかな餌に想像を絶する巨大なカジキマグロがかかった。4日にわたる... 続き

コメント

その他のコメント

老いても信念や希望を捨てなければ気高さは失われない。

老人と少年の親密さ。
そこから伺える信頼関係。

生きるということを見せられた作品。
静かで美しい朝。
活気に溢れる夕暮れ。

汚れているようで、汚らしさが伺えない素敵な作品だと思いました。

読者

C6b45a2e 33ea 4545 89ad 965500c3d563293acf2d a86c 4167 8d4a af7e254c0679677b77aa 303b 48de b84f edfc5840fbd6Icon user placeholderDb9b02d1 3aca 4619 bcf4 32d363e3123fIcon user placeholderC3c5948a 46dc 4471 abfc 816b7a7cfc13Icon user placeholder 78人

ヘミングウェイの本

海流のなかの島々

海流のなかの島々

E3429d5e 1734 460e 8d95 f9e374d2854a

kasa

旅行や食に関する本、 海外文学、…

上巻、下巻で違う本に変わったと錯覚する感じがした。 父親、画家、酒飲み、猫、息子との交流、海上戦‥ いくつもヘミングウェイと重なる部分がある。 なにより主人公トムの海を知り尽くした好漢ぶり。 海の物語はロマンあるなぁ

約3年前

老人と海

老人と海

4f0c1db2 02ee 4bf4 b103 14eb1cdcd6f0

めぐ

生身の人間ときちんと向き合えない…

一人の老人の生き様。言い尽くされた表現だけれど、ハードボイルドとはこういうことかと思う。余計な感情を込めずに、かつ丁寧に作られた訳文もよかった。

約3年前

0d5b41db a6c2 4a51 b9c1 3d1e5b58c0c44b7ed642 4753 4367 a6f0 373647a8c060Bd9b1b17 01a5 422a a632 0c8fd23f1cb2